« SWAT-350、初の実戦投入。 | トップページ | 夏のハイライト »

2014年5月23日 (金)

去りゆくパンスターズ彗星

愛知県春日井市のHUQ様より「去りゆくパンスターズ彗星」と題した画像をご投稿いただきましたので、早速ご紹介いたします。ゴールデンウィークに撮影した元画像をコンポジットして得られた最終画像です。(画像は係がトリミングしました)

Pansm51 ■データ&コメント
昨年前半の華、パンスターズ彗星(撮影時13等級)とM51のランデブーです。
撮影はいずれもタカハシ FS-60CB+フラットナー(374mm F6.2) にて。
追尾はSWAT-350にて、赤経1軸オートガイドを実施しました。

使用した原画は以下の15枚。
 ISO6400 300sec×1枚
 ISO3200 300sec×4枚
 ISO3200 240sec×1枚
 ISO3200 180sec×9枚
各コマ、「フラットエイド」(http://figomura.ddo.jp/shinyadoraku/)を用いて熱カブリを除去。これらを元に下記の(1)(2)を生成し、撮影時刻 2014.05.02 1:34'08" の原画におけるパンスターズ彗星の核の位置を基準点として加算合成しました。
(1)各コマからパンスターズ彗星を消し、恒星/銀河だけを残したコマを加算合成。 (2)各コマにてパンスターズ彗星だけを残したコマを加算合成。

■係より
いつもご投稿ありがとうございます。今回は昨年話題をさらったパンスターズ彗星とM51を同一視野に収めた一枚です。撮影後の後処理に、かなり苦労されたとのことですが、その甲斐あって見応えのある出来栄えになりました。SWAT-350は赤経一軸駆動なので赤緯の修正ができません。そのため極軸セッティングをドリフト法で徹底的に追い込み、さらにオートガイドも併用したため、星像はまったく流れていません。ここまで使いこなしていただけると製品を作ってる私もとても嬉しく思います。パンスターズ彗星の淡い緑の尾やM51の腕の構造など、とてもよく描写されていますので、係が二つの対象を拡大トリミングして下記にアップします。

Pansm512

« SWAT-350、初の実戦投入。 | トップページ | 夏のハイライト »

作例写真」カテゴリの記事