« 冬の多彩な星雲と星団 | トップページ | SWAT-350による560mmノータッチ追尾テスト »

2014年11月30日 (日)

SWAT-200によるオリオン座中心部

和歌山市にお住まいの福田将之様より、SWAT-200による作例をお送りいただきましたのでご紹介します。

Orion ●オリオン座中心部
2014年11月23~24日 キヤノン EOS KissX6i改(フィルターレス) + IDAS HEUIB-Ⅱ EOS MFA EF 100mm F2.8 MACRO F3.5 ISO1600 150sec.×97 + 15sec.×12(Total 245.5min.) SWAT-200による自動追尾 紀美野町のかみふれあい公園

■コメント
極軸微動ユニットを追加購入して、極軸調整がとてもやりやすくなりました。さて、今回は旧々世代のUSMのない100㎜マクロでオリオン座の中心部を撮ってみました。23~24日に撮影した二日分の画像を重ねて総露光時間4時間になります。トラペジウム付近はオーバーで飛んでしまっているので、15秒露光の画像をレイヤーマスクで重ねて処理しています。下の画像は撮影中に撮った機材写真なので判りにくいかもしれませんが、テーパーキャッチャーにアルカスイス規格のクランプを取り付け、L型プレートを使いカメラごと90度に動かせるようにしています。これにより縦・横構図以外の回転が加わりませんので、フレーミングさえ微調整すれば、違う日に違う場所で撮影した画像でも重ねて総露光時間を伸ばすことができます。このような使い方が出来ると、もう本格的な赤道儀と変わりませんね。冬はまだまだこれからですので、さらに露光を伸ばしてみたいと思います。

■係より
いつもご投稿、ありがとうございます。Hαを強調するIDAS HEUIB-Ⅱフィルターを使用しているとはいえ、これだけ見事にバーナードループを描画できるのは、空の条件がとても良いことが想像されますね。旧型の100mmマクロレンズとのことですが、非常にシャープな星像です。SWAT-200での追尾も完璧で、見事な点像で写せました。トラペジウム付近は露出オーバーで飛んでしまっているのを別画像を加えて、描画するという合成テクニックも使われています。結果、とても見応えのある作品に仕上がりました。またのご投稿、お待ちしております。

Kizai 福田様の撮影機材近景。SWATオプションを使いこなされています。

« 冬の多彩な星雲と星団 | トップページ | SWAT-350による560mmノータッチ追尾テスト »

作例写真」カテゴリの記事