« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月24日 (土)

すばるとラブジョイ彗星(C/2014 Q2)

和歌山市にお住まいの福田将之様より、すばるとラブジョイ彗星(C/2014 Q2)をお送りいただきましたので、早速ご紹介します。

150119lovejoym45x5200f281152
150119lovejoym45x5200f281152reverse ●2015年1月19日 22:58:29~ 60sec.×34 / 南部町

150120c2014q2lovejoy100f28x51152
150120c2014q2lovejoy100f28x51152rev ●2015年1月20日 21:41:06~ 60sec.×41 / のかみふれあい公園

■共通撮影データ キヤノン EOS Kiss X5改(フィルターレス) + IDAS HEUIBⅡ EOS MFA EF 100mm F2.8 MACRO F2.8 ISO3200 SWAT-200による自動追尾

1501193mosaiclovejoy45ed2x51152
1501193mosaiclovejoy45ed2x51152re_2 ●ボーグ45EDⅡによるモザイク

■撮影データ 015年1月19日 23:54~ BORG 45EDⅡ + Reducer×0.66DGT(214.5mm F4.752) キヤノン EOS KissX5改(フィルターレス) +IDAS HEUIBⅡ EOS MFA ISO3200 60sec.×12×3mosaic SWAT-200による自動追尾 / 南部町

■コメント
ラブジョイ彗星(C/2014 Q2)とM45すばるのランデブーを19日と20日で撮影しました。19日はいつもの近場に行きましたが着いたとたんに曇ってしまい、急遽冬型に晴れやすい太平洋側を目指して高速を南へ。高速道路を降りて慣れない土地で撮影場所を探し、慌てて機材をセットしました。SWAT-200はこういう時もスピーディに組み立てられるのが便利です。しかしながらそれでいて高精度な追尾を期待でき、とても信頼しています。20日はいつもの近場で撮影も、西に傾き酷いカブリでした。19日の画像はラブジョイの尾がM45のほぼど真ん中を突き抜けていたようです。

■係より
いつもありがとうございます。SWAT-200の機動性を活かして、急遽慣れない場所に移動しての撮影です。ラブジョイ彗星の迫力ある尾とすばるを同時に捉えました。彗星が有名天体のそばを通過してくれると、華やかでひと味違う見栄えになりますね。一日違いですが、彗星の移動量はもちろんですが尾の変化もわかって面白いです。キヤノンのマクロレンズもなかなかシャープなようで、見応えがあります。そろそろ月の影響が出始めますので、ラブジョイ彗星の見頃もそろそろおわりでしょうか。またのご投稿、お待ちしております。

2015年1月14日 (水)

1月13日のラブジョイ彗星(C/2014 Q2)

和歌山市にお住まいの福田将之様より、昨晩(1月13日)のラブジョイ彗星(C/2014 Q2)をお送りいただきましたので、早速ご紹介します。

Lovejoy1 ●恒星基準で重ねたもの。彗星核部分に60sec.画像をマスクで重ねて画像処理。

Lovejoy2 ●尾の構造をわかりやすくするために反転して彩度を落とす。

Lovejoy3 ●2時間弱の移動量。

■撮影データ
ラブジョイ彗星 C/2014 Q2 lovejoy(2014年1月13日22:45:17~) BORG 45EDⅡ+Reducer ×0.66DGT(214.5mm F4.752) KissX5改(フィルターレス)+IDAS HEUIBⅡ EOS MFA ISO1600 120秒×6+ 60秒×1 SWAT-200にて自動追尾  紀美野町のかみふれあい公園

■コメント
昨夜(1月13日)、ラブジョイ彗星を撮りましたのでお送りします。処理がまずくてザラザラですが、尾が良く出る面白い日でした。刻々と尾の状況が変わるので、あまり長時間ですと構造が判りにくくなってしまいます。また、尾を出そうとすると彗星核が白飛びしてしまいますし、彗星核の諧調を出そうとすると尾が出にくいので、ISOや露光時間を変えて撮影しておいたほうが良さそうです。

■係より
ラブジョイ彗星が見頃を迎えています。私も先週末に撮影してブログにアップしたのですが、その時とは尾の形状が違っていて変化を楽しめますね。反転したモノクロ画像だと、非常に迫力のある構造がみてとれます。今週末はすばると接近しますし、月の邪魔もないので、天気が良ければぜひ狙いたいですね。
タイムリーなご投稿、ありがとうございました。またのご投稿お待ちしております。

2015年1月 5日 (月)

ふたご座流星群とラブジョイ彗星(C/2014 Q2)

和歌山市にお住まいの福田将之様より、昨年暮れのふたご座流星群と話題のラブジョイ彗星をいち早くお送りいただきましたのでご紹介します。

Geminids2014 ●ふたご座流星群(Geminids2014)
KissX6i(フィルターレス改造) EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM F3.5 60sec.×110 ISO3200 SWAT-200 / 2014年12月14日22:51:48~15日0:36:09 串本町重畳山

Lovejoyc
Lovejoym ●ラブジョイ彗星(C/2014 Q2)
BORG 45ED2 + Reducer×0.66DGT(214.5mm F4.752) KissX6i改(フィルターレス) +IDAS HEUIB-Ⅱ EOS MFA ISO1600 120sec.×6 SWAT-200 / 2014年12月24日0:49:37~ 紀美野町のかみふれあい公園

■コメント
おかげさまでSWAT-200の調子はすこぶる良く、様々な撮影に活躍してくれています。寒い時期ですので、いつも使っていた9Vモバイルバッテリーが電圧低下してしまうため、12VポータブルバッテリーからDC-DCコンバータを使って9Vに降圧して運用しています。
2014年のふたご座流星群は冬型の気圧配置には晴天が見込まれる串本で撮影しました。Facebookで他の観測者の方々の情報を得ながら撮影していました。出現数は例年より多い程度でしたが、火球の数は2001年のしし群に迫るほど。心に残る火球の夜になりました。60秒で連写し110枚を重ねた画像に、流星の写っている画像をピックアップして比較明合成で重ねました。
増光中のC/2014 Q2 Lovejoyですが、24日の時点ではあまり速度も速くなかったので、2分露光したものを6枚恒星基準で重ねてみました。BORG45ED2+Reducer×0.66DGTは215㎜程度ですが、モノクロ反転すると尾がはみ出るほど長く伸びています。1月には4等まで増光するとのこと。尾も複雑になってきているようなのでこれからしばらく楽しみです。

■係より
いつも素晴らしい画像をご投稿いただきまして、ありがとうございます。SWAT-200も快調なようで、このように活躍してくれていると、メーカーとしても嬉しい限りです。さて、昨年のふたご座はずいぶん明るい流星が多かったようですね。あの2001年のしし座に迫るほどと表現されていますので、かなりの迫力だったのでしょう。そして、ラブジョイ彗星ですが尾を引いた姿を見事に写していただきました。下弦に向かうこれからが撮影の好機でしょうか。今年もよろしくお願いします。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »