« カタリナ彗星と冬の散光星雲。 | トップページ | バーナードループ付近とM46、M47散開星団。 »

2016年1月21日 (木)

オリオン座中心部。

東京都八王子市の関原謙介様より、SWAT-350ノータッチガイドの作品をお送りいただきましたのでご紹介します。
 

1_3

2016年1月10日 ニコン D800(IR改造)+AI AFニッコール180mm f/2.8D IF-ED 絞りF2.8開放 ISO2200 100秒露出×67枚をStellaImage7でコンポジット SWAT-350にて自動追尾 撮影地 西伊豆松崎町
 
■コメント
SWATを購入し、星の撮影を始めて1年の初心者です。数ヶ月前にHUQ様が投稿されたオリオン周辺の素晴らしい写真に感銘を受けました。2軸オートガイドで合計3時間を超える撮影時間との事。ガイド撮影もぜひ取り組みたいとは思いますが、まずは加算に用いる画像を増やす事で、どの程度近づけるかを試してみたくなりました。送付の写真は100秒露光の写真67枚をコンポジットたもので、合計撮影時間は112分になります.オリオンを取り巻く淡い星雲がかなり良く描写されたと思っています。撮影は、フィルター改造したNikon D800+ニッコールED180mmを用い、StellaImage7によりコンポジットしました。SWAT350によるノータッチガイド撮影です。
 
■係より
このたびはご投稿ありがとうございます。天体写真を始めて、わずか1年とのことですが、これだけ素晴らしい作品を撮影できるとは、なんとも驚きです。バーナードループを含むオリオン座中心部付近の淡い散光星雲やM78星雲の周りの暗黒帯もよく写っています。AI AF ニッコール 180mm f/2.8D IF-EDレンズは、開放でも周辺まで充分にシャープで、見応えのある作品に仕上がりました。これだけ撮れれば、同じ手法であちこちの散光星雲を狙えますね。撮影されたら、ぜひまたお送りください。お待ちしております。

« カタリナ彗星と冬の散光星雲。 | トップページ | バーナードループ付近とM46、M47散開星団。 »

作例写真」カテゴリの記事