« 月齢10.8の見どころ。 | トップページ | オリオン座。 »

2016年2月23日 (火)

おとめ座銀河団。

愛知県春日井市のHUQ様より、SWAT-350と Higlasi-3B による2軸オートガイドでのおとめ座銀河団を送りいただきましたので、ご紹介します。
 

Photo
Photo_3

●おとめ座銀河団
2016年2月4日3時10分29秒~ タカハシ FS-60CB +レデューサー  f=255mm F4.2 ニコン D810A ISO6400 露出120秒×77枚コンポジット SWAT-350 + Higlasi-3B による2軸オートガイド 撮影地 南知多桜公園 ※モノクロ反転画像は係が作成しました。
 
■コメント
おとめ座銀河団、最近はマルカリアン・チェーンと呼ばれる領域です。カラフルさや派手さはありませんが、一つ一つの光芒は、我々の天の川銀河より遥かに巨大な銀河です。Google map のように拡大して、一つ一つの銀河の光芒の多様性をお楽しみください。我々が住むこの天の川銀河は、おとめ座銀河団の辺境に位置します。
ウルトラマンの故郷はオリオン座方面にあるM78星雲、ということになっていますが、当初はこのおとめ座銀河団の団長である超巨大銀河M87だったそうです。それがどこかで誤って "M78" に変わってしまったとのこと。そんなわけで、私にとっての宇宙の中心は「おとめ座銀河団」なのです。(笑)
撮影日の現地は強風の予報だったため、SWAT-350 + 両持ちフォーク に FS-60CBを載せた重装備(といってもバッテリ・三脚・カメラ等々込み込みで12kg) で臨みました。しかし、予想以上に風が強く、D810A の高画素では風ブレが目立つコマが多くなったため、ISOを常用している 1600 から 6400 に上げ、露出時間を2分と切り詰めて、大量にコンポジットする作戦に変更しました。ISO6400 でも D810A のノイズはそう目立つものではなく、なんとか形にすることができました。
 
■係より
いったいいくつの銀河が写っているんでしょう。星図と見比べて、おもな天体の番号を入れてみましたけど、かなり時間がかかりました。(笑) おとめ座からかみのけ座にかけてのこの領域は銀河の宝庫です。特にM84からM88にかけての円弧状に連なる銀河はマルカリアンチェーンと呼ばれて人気があります。光学系はタカハシFS-60CBフローライト屈折+レデューサーで255mm F4.2。カメラはニコンD810Aで撮影。光学系のシャープさとカメラの高画素、低ノイズのおかけで、広い画角を高精細に写しています。まるでモザイク合成したような感じで、一枚撮りとは思えない仕上がりです。反転画像に色を敷いた部分を下に拡大トリミングしましたので、ご覧ください。HUQ様、いつもご投稿ありがとうございます。ぜひまたお願いします。
 

M100

●M100付近(青エリア)
 

M86

●マルカリアンチェーン(緑エリア)
 
M90

●M90付近(赤エリア)
 
Photo_4

最後におまけ画像。月火水木金土が一堂に会した夜明け前の賑やかな星空を掲載します。SAMYANG 12mm F2.8 ED AS NCS FISH-EYE + HEUIB-II + 天文改造 α7Sにて固定撮影したものです。2016年2月4日5時39分27秒~ ISO12800 露出3.2秒×19枚コンポジット(星位置合わせて中央値) 南知多にて。

« 月齢10.8の見どころ。 | トップページ | オリオン座。 »

作例写真」カテゴリの記事