« クリスマスツリー星団付近。 | トップページ | リニア彗星(252P)。 »

2016年3月18日 (金)

口径60mmによる月齢8.3。

愛知県春日井市のHUQ様から、SWAT-350に口径60mmのフローライト屈折を載せて撮った月面の作例をお送りいただきましたので、早速ご紹介します。
 
Moon

●月齢8.3
2016年3月17日 タカハシFS-60Q ニコン2×テレコンTC-20EIII ニコン V1 フルサイズ換算 f=3240mm相当 ISO200 1/25秒露出 Registax6にて145枚をスタック
 
■コメント
「今日は好シーイング」との情報を得て、早速ベランダにSWAT-350 を据え付けました。本気で取り組む初めての月面です。トーン調整、奥が深いですね…。まだスタートラインに立てたかどうか、という画像ですがご容赦ください。
SWAT-350はMoon モードで駆動させました。赤緯はアルカプレートで組んだ両持ちフォークです。ISO200 露出1/25秒 にて 600枚余撮影し、うち薄雲が比較的薄く、長時間連写できた 145 枚をRegistax 6 に投入してスタックしました。
Nikon V1 は、Nikon1 レンズ不使用時にピント拡大表示できないのが難点です。ピントはバーティノフ・マスクを対物レンズの前に置き、木星を導入して、回折光を背面液晶で見ながら電動フォーカサーで追い込みました。F20 と暗く、被写界深度が深いこともあって、それなりにピントは出せたのではないかと思います。
Nikon1 V1 の画素は 3898x2598 です。これだけ画素があると、そのままRegistax 6 に投入すると、スタック処理中に Registax がフリーズしてしまいます。そこでまず、モノクロに変換してスタックを行いました。次に 50% 縮小リサイズしたものを、カラーでスタックしました。モノクロのピクセル等倍画像をトーン調整してクレーターや濃淡の調整を行い、これをL画像とし、50%縮小カラー画像を2倍拡大リサイズしたものをRGB画像として、LRGB合成したのが、この写真です。
 
■係より
いよいよ月面撮影に本格参入ですね。(笑) 昨日はシーイングが抜群に良くて、最高レベルの条件でした。たっぷり露出がかけられるので、口径60mmとは思えないハイレベルな作品に仕上がっています。シャープさに加え、豊かな階調、最終仕上げとも見事と言うほかないくらいの素晴らしい月面です。Registaxの処理限界を補う工夫もさすがです。モノクロカメラでカラー合成するようなテクニックを駆使してます。L画像はきっちり高解像で処理して、色情報を低解像で合成すれば、Registaxもフリーズしないわけですね。これは私も参考にさせていただきます。HUQさん、星野撮影に加えて月惑星まで手を広げると寝る時間がなくなりますよ。体調にはくれぐれも気をつけて頑張ってくださいね!(笑)

« クリスマスツリー星団付近。 | トップページ | リニア彗星(252P)。 »

作例写真」カテゴリの記事