« リニア彗星(252P)。 | トップページ | 春の銀河とM13。 »

2016年4月 8日 (金)

アンタレス付近、ω星団、M101。

愛知県春日井市のHUQ様から、春から夏にかけてのメジャーな星雲・星団をお送りいただきましたので、ご紹介します。
 

Photo

●アレス&アンタレス
2016年4月2日 ボーグ55FL+0.8×レデューサー ニコン D810A ISO1600 6分露出×15枚コンポジット SWAT-200+Higlasi-3Bによる2軸オートガイド 長崎県白木峰にて撮影
 
■コメント
月夜の夜桜&菜の花にうつつを抜かしている間に、ポタ赤2台の合体ロボで撮った、アレス(火星)&アンタレス(アンチ - アレス) 周辺です。ド派手に仕上げてみました。
ここはオリオン座同様、ホワイトバランスの調整に苦しむ領域ですが、暗黒星雲の一番濃い部分がグレーになるよう、色温度調整を行いました。まだまだ露出が足りず、炙り出しを行うと背景の荒れが目立ったため、モノクロ化して暗黒星雲を強調した画像に、強めの輝度ノイズ&バンディングノイズ除去を掛け、これをL画像として、元のカラー画像と LRGB 合成してみました。
BORG 55FL + 0.8xレデューサーでの星像は非常に鋭像ですが、若干倍率色収差が目立ちます。そこで今回は、カラー画像を一旦 RGB 分解し、Gに対するRとBの周辺星像位置から「BはGの100.1%のサイズ」「RはGの99.995%のサイズ」が適正であることを求め、BとRをそれぞれリサイズした後、位置合わせをして RGB 再合成してみました。これで倍率色収差はだいたい補正できたと思います。また、炙り出しを行うと微光星が肥大し、輝星(特に火星とアンタレス)が白飛びするため、コンポジットに使ったうちの1枚を、星の色重視で再現像し、背景カブリを除去した後、ガンマを落とした炙り出し画像に Photoshop でレイヤに重ねて合成しました。
 

Photo_2

●ω星団(中央部トリミング)
2016年4月2日 ボーグ55FL+ 1.08xマルチフラットナー + ニコン 2xテレコン TC-20E3  ニコン D810A ISO6400 10~30秒露出×5枚 ISO1600 30~120秒露出×7枚 合計12枚コンポジット SWAT-200+Higlasi-3Bによる2軸オートガイド 長崎県白木峰にて撮影
 
■コメント
全天で最も大きな球状星団です。日本からでは南に低い高度までしか昇ってこないため、緯度の低い九州で撮る機会があれば、是非撮りたいと思っていた対象です。実は導入するのも初めてで、α7Sを使った「星雲見えちゃうファインダー」で捜索するも…なかなか見当たらず。よくよく見ると、辿るための基準星だと思っていたのがω星団そのものでした。探すのに無駄に時間を掛けてしまったため、撮影時間を長く取れず、構図確認のため撮った数枚の短時間露出写真も、コンポジットに加えています。普段なら FS-60Q(f=600mm F10)で狙うところですが、SWAT-200 に十分余裕で載る BORG 55FL ベースに、1.08xマルチフラットナーと2xテレコンを併用してf=540mm F9.8 ならどの程度のものが撮れるだろうか、と試してみました。フルサイズでは周辺のコマ収差と像面湾曲が目立ちますが、中央部分1/4ほどの面積をトリミングして使う前提であればそこそこ使えると思います。
 

M101
M101_2

●M101(下は拡大トリミング)
2016年4月2日 ボーグ55FL+ 1.08xマルチフラットナー +ニコン 2xテレコン TC-20E3 ニコン D810A 露出はISO3200 8分+12分+16分×2+24分×3 ISO6400 6分×9枚 合計16枚コンポジット SWAT-200+Higlasi-3Bによる2軸オートガイド 長崎県白木峰にて撮影
 
■コメント
夏の天の川が昇ってくるまで、暇潰しに撮っていた M101 です。露出24分で延々撮り続けよう、という思惑でしたが、鏡筒バンド付近かカメラマウント部、もしくはヘリコイド部に課題があるようで、オートガイダーは正しくガイドを続けているのに、露出12分を超えると星が赤経・赤緯両方に流れてしまう、という現象が出てしまいました。このため、矮小な沢山の銀河や、銀河の腕の相当細かい部分まで写っているのですが、星像がイマイチです。問題を解決し、来年またリベンジしたいと思います。
 
■係より
いつもご投稿いただきありがとうございます。どれも力作揃いで圧倒されます。アンタレス付近の複雑に入り組んだ暗黒星雲やカラフルな分子雲が見事に写し取れていますね。ω星団は低空なので、限られた時期にしか撮影するチャンスがないですが、全天一の巨大球状星団だけあって、F9.8で2分露出でもとてもよく写っています。M101は55FLでもここまで写せるのかと思わず唸ってしまう出来栄えです。私が先日撮ったなさけない90FLの作例よりも遙かに写っていて、私ももっと頑張らねばと思いを新たにしました。(笑) ぜひまたご投稿お願いします。

« リニア彗星(252P)。 | トップページ | 春の銀河とM13。 »

作例写真」カテゴリの記事