« さそり座。 | トップページ | 光害地で撮るM16、M17とM83。 »

2016年4月22日 (金)

バラ星雲とM51。

東京都八王子市の関原謙介様より、SWAT-350+M-GEN一軸オートガイドによるバラ星雲とM51子持ち銀河をお送りいただきましたのでご紹介します。
 

Photo_3

●バラ星雲
2016年4月6日 コーワプロミナー500+TX10T 合成焦点距離500mm F5.6 ニコンD810A ISO1600 IDAS HEUIB-IIフィルター使用 150秒露出×15枚+190秒露出×13枚 合計28枚をStellaImage7でコンポジット ニコンキャプチャーNX2にて画像処理 SWAT-350+M-GENにて一軸オートガイド 撮影地 西伊豆松崎町
 
■コメント
コーワプロミナーのマウントアダプターをフィルターの付けられるTタイプに変更し、早速IDAS社のHEUIB-IIフィルターを使用して定番のバラ星雲を撮影してみました。星雲の細部まで描写でき、効果があったと思います。この週の伊豆は夜半を過ぎる頃から曇り始める天気のパターンで、夏の散光星雲も狙ったのですがお預けとなりました。
 

M51_2

●M51子持ち銀河
2016年4月8日 コーワプロミナー500+TX10T 合成焦点距離500mm F5.6 ニコンD810A ISO1600 IDAS LPS-D1フィルター使用 200秒露出×34枚をStellaImage7でコンポジット ニコンキャプチャーNX2にて画像処理 SWAT-350+M-GENにて一軸オートガイド 撮影地 西伊豆松崎町
 
■コメント
次は光害除去フィルターLPS-D1を使ってM51を撮影してみました。このフィルターはネビュラフィルターを兼ねています。そのせいかどうか、星雲のHα領域が、以前に撮影したものと比べてよく写っているように思えます。撮影地の西伊豆も道路照明や駿河湾対岸の都市からの光害で最高の条件でも4等星が見えるかどうかです。今後はこのフィルター、あるいはHEUIB-IIフィルターを常用して行くつもりです。ちなみに、これらフィルター使用に際しホワイトバランスのくずれで背景色の調整に苦労すると言われてますが、StellaImage7のオートストレッチを使う限り特に問題はありませんでした。
 
■係より
いつもご投稿いただき、ありがとうございます。SWAT-350にM-GENオートガイダーを組み合わせて、一軸オートガイドした作品です。焦点距離500mmともなると個々の天体の迫力が格段に上がってきます。その分、星を点像に写すのが難しくなってきますが、M-GENオートガイドガイダーを併用して、歩留まりを向上させ、効率よく撮影しています。バラ星雲は、ISO1600で撮影した28枚をコンポジットして、ノイズを大幅に低減させ、星雲の微妙な濃淡や紐状の暗黒星雲がとてもよく写りました。子持ち銀河で有名なりょうけん座のM51も34枚コンポジットの力作です。口径約90mmのコーワプロミナーの能力を引き出した見事な作品に仕上がりました。伴星雲周辺の淡い広がりも写り始めていて、まるで20cm級の作品を見ているようです。あまりにもよく写っているので、係が北を上にして拡大トリミングさせていただきました。この感じで、ぜひ夏の星雲・星団も撮ってください。またのご投稿、お待ちしております。

« さそり座。 | トップページ | 光害地で撮るM16、M17とM83。 »

作例写真」カテゴリの記事