« はくちょう座。 | トップページ | M8干潟星雲とM20三裂星雲。 »

2016年6月 9日 (木)

夏の星雲星団。

東京都目黒区にお住まいの峰村建二様より、久しぶりにご投稿いただきました。早速ご紹介します。
 Photo

●アンタレス付近
カールツアイス Apo-Sonnar T* 2/135(135mm/F2)絞りF2.8 キヤノン EOS60Da ISO1600 100秒露出×15枚コンポジット SWAT-350ノータッチ追尾 撮影地 清里
 Photo_2

●M8干潟星雲、M20三裂星雲
カールツアイス Apo-Sonnar T* 2/135(135mm/F2)絞りF2.8 キヤノン EOS60Da ISO1600 100秒露出×15枚コンポジット SWAT-350ノータッチ追尾 撮影地 清里
 Photo_4

●北アメリカ星雲
カールツアイス Apo-Sonnar T* 2/135(135mm/F2)絞りF2.8 キヤノン EOS60Da ISO1600 120秒露出×12枚コンポジット SWAT-350ノータッチ追尾 撮影地 清里
 Ngc6940

●網状星雲と散開星団NGC6940
カールツアイス Apo-Sonnar T* 2/135(135mm/F2)絞りF2.8 キヤノン EOS60Da ISO1600 180秒露出×10枚コンポジット SWAT-350ノータッチ追尾 撮影地 清里
 
■コメント
前回の投稿から一年半ぶりになります。久々にいつもの清里に遠征し、夏の星雲撮影、観望を楽しんできました。今回は撮影機材がコンパクトになったので、観望用のコーワのTSN883を持参、日中は鳥見、夜は撮影をSWAT君にお任せして、星空を堪能。撮影は6月2日21時ころから3日3時頃まで、3時半になると薄明の中、月齢27の細い月が山影より現れ、一幅の水墨画を見るようでした。このあたりで機材の撤収です。その後、温泉につかり、身体も気持ちもほっこりほっこり…。今後も、諸事情(主に体力…笑)の許す限り遠征したいと思いますが…
 
■係より
久しぶりのご投稿、ありがとうございます。ちょっと間隔が空いていたので、心配しておりましたが、天体撮影をバリバリに楽しまれているようで安心しました。今回は清里まで遠征して、星以外にも野鳥や温泉も楽しまれたとのことで、充実した撮影旅行になったようです。画像はいつもながらの素晴らしい出来で、アポソナーのシャープな星像が画面全体に広がり見応えがあります。空の条件も良かったようで、低空のアンタレス付近もコントラスト良く写っています。北アメリカ星雲と網状星雲は、昨日のはくちょう座の作例写真にも写っていますので、見比べてみると面白いです。またのご投稿、お待ちしております。

« はくちょう座。 | トップページ | M8干潟星雲とM20三裂星雲。 »

作例写真」カテゴリの記事