« M7周辺の暗黒星雲。 | トップページ | 光害地で撮るM27 亜鈴状星雲。 »

2016年6月 6日 (月)

アンタレス周辺とバンビの横顔から干潟星雲周辺。

横浜市にお住まいの蒼月様より、さそり座のアンタレス周辺といて座のM8干潟星雲周辺の作例をお送りいただきましたので、ご紹介します。
 Antares

●アンタレス周辺
2016年6月2日 ボーグ 71FL+レデューサー0.72×DGQ(288mm, F4.1) キヤノン EOS6D(SEO-SP4改造) ISO3200 露出360秒×12枚コンポジット SWAT-200+PHD2にて一軸オートガイド 撮影地 富士見高原スキー場
 

M8_m20_bambi

●バンビの横顔、三裂星雲、干潟星雲
2016年6月2日 ボーグ 71FL+レデューサー0.72×DGQ(288mm, F4.1) キヤノン EOS6D(SEO-SP4改造) ISO3200 露出180秒×10枚コンポジット×2シーンをモザイク合成 SWAT-200+PHD2にて一軸オートガイド 撮影地 富士見高原スキー場
 
■コメント
2回目の投稿となる今回は、夏の人気の天体です。夏の天体とは言っても、これらの天体は梅雨が明けるともうシーズン終盤となってしまうため、天気が良好だった6月2日、梅雨前最後のチャンスとばかりに横浜から富士見高原まで弾丸遠征してきました。弾丸遠征でも、SWATはセッティングが楽なので貴重な時間が有効利用できます。
「アンタレス周辺」は明るい火星が少し離れて、いつもの姿を取り戻していましたが、8月下旬にはまた火星が近づいてきます。しかも今度は、この桔梗紋の中にまで入ってくるということで、嬉しいやら迷惑やら複雑ですね。今回はフレームあたり6分露光でしたが、時間があればもう少し露光したいところでした。「バンビの横顔や干潟星雲」などは、天の川の中心部にあるため全体的に明るい領域で、しかも主役級の天体が沢山あるので、撮影していて楽しいですね。
それから、今回は撮影機材の写真もお送りします。普段から徒歩で持ち運べるよう、軽量化を最優先に考えているため、構成は極めてシンプルで、逆に驚かれることが多いです(笑)。ただひとつ工夫している点と言えば、ガイドカメラの取り付け方でしょうか。普段はカメラを天の赤道付近に向けてオートガイダーとして使いますが、テーパーキャッチャーとテーパーアダプターで極軸方向に回転できるようにし、極軸合わせの際の電子極望としても利用できるようにしています。最近、知り合いの方が PoleMasterに似た極軸合わせ支援ソフトPoleNavigatorを開発してくださったので、このような構成としています。これにより、短時間で高精度な極軸合わせができ、一軸ガイドでもある程度の長時間露光が可能となりました。PoleMasterでも同様の効果が期待できるでしょうから、今後はポタ赤での撮影のレベルも一気に上がることでしょう。
 
■係より
このたびはご投稿いただきまして、ありがとうございます。今回は光害から逃れて富士見高原スキー場まで遠征しての撮影です。アンタレス周辺はとてもカラフルな領域ですが、コントラストと彩度の効いた仕上げは、思わず見とれてしまう美しさです。ボーグ71FLにレデューサーでF4.1の明るさですが、ISO3200で6分の露出をかけられるので、相当に空の条件も良さそうですね。バンビの横顔から干潟星雲にかけては天の川銀河の中心部ということもあって、星雲・星団の宝庫と呼べるような場所ですが、2枚をモザイク合成して、天の川の星屑と暗黒星雲の複雑な濃淡を狙いました。このままモザイクして写野を広げたいですね。梅雨入りして、しばらくはお休みかと思いますが、よい写真が撮れましたら、ぜひまたお送りください。お待ちしております。
 Photo

蒼月様の撮影機材。手前のオートガイド用カメラは、フリーソフトのPoleNavigatorによって電子極望としても機能しますので、手持ち機材を効率よく活用できます。アリミゾレールでバランスも取りやすく、非常に使いやすいシステムになっています。

« M7周辺の暗黒星雲。 | トップページ | 光害地で撮るM27 亜鈴状星雲。 »

作例写真」カテゴリの記事