« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月21日 (日)

北アメリカ星雲とサドル付近。

ドイツにお住まいの黒田健一様より、はくちょう座の北アメリカ星雲とサドル付近の散光星雲をSWAT-200で撮影していただきましたので、ご紹介します。
 Photo

●北アメリカ星雲
BORG 55FL+0.8レデューサー(200mm/F3.6) ニコン D810A+HEUIBⅡ ISO4000 180秒露出×10枚コンポジット SWAT-200+M-GENにてオートガイド追尾 撮影地 ドイツ ヘッセン州Wasserkuppe
 Photo_2

●サドル付近の散光星雲
BORG 55FL+0.8レデューサー(200mm/F3.6) ニコン D810A+HEUIBⅡ ISO4000 180秒露出×6枚コンポジット SWAT-200+M-GENにてオートガイド追尾 撮影地 ドイツ ヘッセン州Wasserkuppe
 
■コメント
転勤先のドイツでも、SWAT200が大活躍です。ドイツは今年は天候不順のようで、晴天が続きません。それでも何枚か試写できたので、お送りします。
私の住んでいるフランクフルトは光害がひどいので、130km離れたヘッセン州最高峰のWasserkuppe(標高950mですが)に遠征しています。この場所は、国際ダークスカイ協会がダークスカイ保護区として指定したRhoen地区内にあります。地平線付近は光害の影響があるものの、白鳥座のある天頂付近は天の川がくっきり見えてなかなかのクオリティです。今回、ボーグの55FL+レデューサーで北アメリカ星雲とサドル付近を狙ってみました。今の時期は夜が4時間くらいしかなく、撮影枚数を稼ぐことはできませんでしたが予想以上に写ってくれました。SWAT200と55FLの組み合わせは最高ですね。
 
■係より
ドイツへ転勤される際に、コンパクトなSWAT-200とボーグ55FLも一緒にお持ちいただきました。やはりストレス解消には天体写真撮影が一番ですね。ドイツでも大活躍のSWAT-200ですが、今回はくちょう座の散光星雲を撮影していただきました。ダークスカイ保護区に認定された星空だけあって、赤い星雲がとてもよく写っています。作例はノートリですが、人気のボーグハイスピード55(55FL+0.8×レデューサー)は最周辺までシャープで素晴らしい星像です。これから、秋の星雲・星団も狙ってみてください。ご投稿ありがとうございました。ぜひまたお送りください。
 Photo_3

観測風景

2016年8月15日 (月)

はくちょう座網状星雲。

東京都八王子市の関原謙介様より、はくちょう座の網状星雲をお送りいただきましたのでご紹介します。
 Photo
Photo_2
Photo_3

●網状星雲
2016年8月6日 コーワプロミナー500+TX07T 合成焦点距離350mm F4 IDAS LPS-D1フィルター使用 ニコン D800(フィルター換装) ISO1600 180秒露出×30枚+240秒露出×10枚 合計40枚をStellaImage7でコンポジット 露光時間合計130分 ニコンキャプチャーNX2にて画像処理 SWAT-350+M-GENにて一軸オートガイド 撮影地 西伊豆松崎町 ※下の画像2枚は係がトリミングしました。
 
■コメント
8月6日に撮影したはくちょう座の網状星雲です。一枚毎のraw画像にもけっこうコントラストよく写っていたので、40枚の画像加算でもう少し高精細な結果が得られるかと期待していました。このような淡い対象で良い結果を得るにはさらに倍位の5~6時間の露光が必要かもしれません。

■係より
いつもご投稿ありがとうございまいます。総露出時間2時間を超える大作です。ピント合わせも上等なのですが、光学系も優秀で写野全面のシャープな星像に圧倒されそうな作品です。ガイドも申し分なく、あまりにもよく写っているので、拡大して見られるように、係が左右の星雲を切り出して掲載しました。赤と青が絡み合った様子が、とても美しく表現されています。ISO1600の画像を40枚コンポジットしているため、トーンも滑らかで高品位な画質が得られていますが、作者はまだ足りないとのことです。左右の明るい星雲の中間部を漂う淡い星雲の炙り出しを狙っているようですね。また撮れましたら、よろしくお願いします。

2016年8月14日 (日)

比較明合成によるペルセウス座流星群。

大阪府富田林市にお住まいのSI様より、一昨日のペルセウス座流星群を比較明合成していただいた作品をお送りいただきましたので、ご紹介します。
 Photo
●比較明合成によるペルセウス座流星群
2016年8月13日1時32分~53分、3時4分 シグマ35mm F1.4 DG HSM 絞り開放+プロソフトンA(W)ソフトフィルター ニコン D810A ISO6400 露出時間4秒 8枚を比較明合成したものに3時4分の流星を合成 SWAT-200によるノータッチ追尾 撮影地 兵庫県
 
■コメント
8月13日のペルセウス座流星群の写真をステライメージ7で比較明合成しました。1時32分~53分の21分間に9個の流星が写りました。その画像に3時4分の一番明るかった流星を合成して加えました。極軸を適当に合わせたので星の位置がずれてしまい、位置合わせが難しかったです。次回の流星群では正確に極軸をあわせたいと思います。
 
■係より
昨日に続いてSI様撮影のペルセ群です。今回は比較明で複数の流星をコンポジットしていただきました。なんだか昨日のコメントでリクエストしてしまったようですが、やはりこの方が流星群っぽくて断然いいですね。ペルセウス座の輻射点もわかって、見栄えがします。どうもありがとうございました。またのご投稿お待ちしております。

2016年8月13日 (土)

ペルセウス座流星群。

大阪府富田林市にお住まいのSI様より、早速、昨晩のペルセ群流星をお送りいただきましたので、ご紹介します。SWAT-200によるノータッチ追尾です。
 

Photo

●ペルセウス座流星群
2016年8月13日3時4分~ シグマ35mm F1.4 DG HSM 絞り開放+プロソフトンA(W)ソフトフィルター ニコン D810A ISO6400 露出時間4秒 SWAT-200によるノータッチ追尾 撮影地 兵庫県
  
■コメント
8月13日のペルセウス座流星群の写真です。今年は当たり年でたくさんの流れ星を見ることができました。残念ながら火球は見えませんでしたが、数は多かった印象です。天気が悪かった地域も多かったようですが、幸い兵庫県中部は快晴でした。固定撮影でも流星撮影はできますが、SWAT-200を使うと同じ構図で撮影してくれるので眼視観測に集中できて快適でした。
 
■係より
今年は出現数が多かったようで、晴れたところはラッキーでした。さて、シグマの35mm/F1.4で捉えたペルセ群の流星です。緑がかった流星の色もきれいに写せました。しかしF1.4ともなるとISO6400に設定すれば、わずか4秒露出でここまで星が写るのにビックリしました。素晴らしいです。もし同じ構図で複数の流星を撮ることができたのでしたら、比較明で合成してみてください。輻射点がわかって面白いですよ。ご投稿ありがとうございました。ぜひまたお送りください。

2016年8月12日 (金)

石垣島の天の川。

愛知県春日井市のHUQ様から、石垣島で撮った天の川をお送りいただきましたので、ご紹介します。
 Scrp_bt_ct
Scrp

●天の川銀河中心部
2016年7月31日0時35分~47分 ニコン AF-S 58mm f/1.4G F2.8相当+HEUIB-IIフィルター+天文改造α7S ISO6400 30秒露出×22枚コンポジット SWAT-200にてノータッチガイド 撮影地 沖縄県石垣島
 
■コメント
7月29日~8月6日 にかけて石垣島と波照間島へ行ってきました。ずっと晴れていたにもかかわらず、家族サービスに忙殺され写真は二晩しか撮れませんでしたが、宿泊した民宿のお客さんや子供達と共に、α7Sを使ってリアルタイム天の川下りを愉しんだのは良い思い出となりました。望遠で撮ったものが使い物になるかどうか、まだ確認できていませんが、とりあえずニッコール AS-F 58mm f/1.4G(F2.8程度)+ HEUIB-II + 天文改造α7S にて石垣島で撮った「天の川銀河中心部」をお送りします。このカットを撮り終えた後、東の空に発生した雷雲がどんどん育ってきて怯えていたところを、FB繋がりの星仲間に緊急救出していただいて助かりました。(^^; 今回の八重山行きで得た数少ない成果物で、どう料理しようか色々考えましたが、結局殆ど弄らず、素のまま処理するのがベストという結論に至りました。空が良いと殆どカブリ補正をする必要が無いのが楽ですね。ピクセル等倍版は、下のURLの写真部分をクリックしてご覧になってください。各種星雲がそれなりの大きさに写っていて、Google Map 的な見方をすると楽しいです。
http://photohito.com/photo/5886753/
 
■係より
ちょっと早めの夏休みを南国で過ごされたHUQ様の作品です。さすが石垣島、さそりの尻尾あたりまで、コントラストよく写せていますね。天の川中心部の暗黒帯に浮かぶ赤い散光星雲の位置もよくわかります。先日掲載した上村様の作品と一部重なって、さらに南の部分が写っていますので、比べてみると面白いです。それから番外編として、SWAT-350で固定撮影?の作品もコメント付きで下に掲載いたします。ご投稿ありがとうございました。またよろしくお願いします。
 Cygcep_34per2

●はくちょう座~ケフェウス座の天の川
2016年7月30日0時52分~1時44分 ニコン AF-S 58mm f/1.4G F2.8相当+HEUIB-IIフィルター+天文改造α7S ISO6400 30秒露出×75枚コンポジット SWAT-350に搭載…しかし赤経軸回転無し。よって固定撮影 撮影地 沖縄県石垣島
 
■コメント
気合いを入れて75コマ撮影後に確認してみると「全コマ星が流れてる!」という異常事態。「星が見えすぎて、極軸合わせで北極星を間違えたのか??」と思ったのですが…、全コマ比較明合成したところ(下の画像)、回転中心は完全に天の北極方向です。まず間違いなく、SWAT-350 の「電源入れ忘れ」でしょう。そんなわけで、この原画を33%程度に縮小すれば「なんとか見れないことも無い…」という大失敗です。(泣) 皆さんも「電源の入れ忘れ」には、充分ご注意ください。電源が入っていても、リモコンを繋いだ状態で、リモコンを 2×モードとし、ロータリースイッチを EAST にしている場合も、回転が停止します。なお、固定撮影で長い時間掛けて撮った写真を、星位置で合わせてコンポジットすると、通常、四隅の星が放射状に長く伸びてしまい、星像が点状になるのは中央付近のごく狭い領域だけとなります。しかし、天体画像処理ソフト PixInsightのコンポジットではモーフィング的な処理を行ってくれるようで、固定撮影で48分間に渡って撮ったものを合成しても、このようにかなり良い精度で四隅まで星像を保ってくれます。星景写真家には心強いソフトですね。
   Cmp

う~ん、見事な日周運動です。

2016年8月11日 (木)

秋の天の川。

大阪府富田林市にお住まいのSI様より、SWAT-200ノータッチ追尾による「秋の天の川」をお送りいただきましたので、ご紹介します。
 2

●秋の天の川
2016年8月11日2時14分~ ニコン F-S NIKKOR 14-24mm f/2.8 G ED (24mm)+LEEソフトフィルター 絞りF4.0 ニコン D810A ISO800 露出時間4分 SWAT-200によるノータッチ追尾 撮影地 和歌山県
 
■コメント
秋の天の川の写真を撮影しました。熱帯夜で暑苦しい毎日ですが、深夜には秋の星座が顔を出し始めています。休みの前日のため、いつもより遠出して和歌山県最南端の串本町の近くまで出かけました。ペルセウス座流星群が近いため、たくさん流れ星が流れていて、中央左に小さな流星も写りこんでくれました。D810Aを最近使い始めましたが、高感度性能と赤色の写りがすばらしいカメラです。
 
■係より
今朝、撮れたての秋の天の川です。この季節、夜半を過ぎた頃にはカシオペヤ座も高くなってきて、秋の星座を狙いやすくなります。夏の天の川に比べると少し寂しくなりますが、大型の散光星雲も点在していて、魅力の撮影ポイントも多いです。アンドロメダ銀河も撮りやすくなってきました。SI様は最近ニコン810Aを使い始めたそうですが、一枚撮りでここまで写るのは、さすがに天体用と銘打っているだけのことはありますね。冷却カメラを除けば、現時点で最高峰と呼べるカメラと思います。ご投稿ありがとうございました。ぜひまたお送りください。
 Photo_3

人気の撮影ポイントです。M31アンドロメダ銀河とペルセウス座hχ二重星団以外は赤い散光星雲です。IC1396はケフェウス座μ星(ガーネットスター)付近、NGC7822、IC1805・1848カリフォルニア星雲 は、大型の散光星雲です。NGC7822はすぐ近くのまん丸な形をしたSh2-170と一緒に写すと「?」マークになります。パックマン星雲と呼ばれるNGC281は他のに比べてちょっと小さいですが、意外とよく写ります。この秋、ぜひ撮影してみてください。

2016年8月10日 (水)

干潟星雲とその周辺。

東京都八王子市の関原謙介様より、いて座の干潟星雲と三裂星雲付近の作品をお送りいただきましたのでご紹介します。
 M8m20_2
M8m20_3
●干潟星雲とその周辺
2016年8月6日 コーワプロミナー500+TX07T 合成焦点距離350mm F4 IDAS LPS-D1フィルター使用 ニコン D800(フィルター換装) ISO1600 180秒露出×30枚をStellaImage7でコンポジット 露光時間合計90分 ニコンキャプチャーNX2にて画像処理 SWAT-350+M-GENにて一軸オートガイド 撮影地 西伊豆松崎町 ※下の中心部は係がトリミングしました。
 
■コメント
先週末は晴れた夜空に恵まれ、星の撮影を楽しまれた方も多かったと思います。夏の夜空の代表である干潟星雲を撮影しました。撮影地は南側に高木が茂り条件は良くなかったのですが、なんとか90分の露光時間を確保しました。

■係より
6日の土曜日は夏休み前でしたが、新月期の週末の晴れということで、多くの方が撮影に出かけたようです。関原様も、いつもの西伊豆松崎町まで遠征してM8干潟星雲付近を350mmで捉えました。シャープな星像、散光星雲の微妙な濃淡、天の川と暗黒帯のコントラスト、どれも非の打ち所のない作品となりました。今回、ISO1600で30枚コンポジットしており、淡い部分を炙り出しても、まったく破綻なく素晴らしい画質です。私が同じ日に撮影した干潟星雲はISO3200で12枚ですが、無理に炙った細部がノイズで荒れています。ひとつの対象を時間をかけてじっくり撮ることが、高品位な作品を得るための方法だと、改めて認識しました。このたびは、ご投稿ありがとうございます。この夏休みに撮影されたら、ぜひまたお送りください。お待ちしております。

2016年8月 9日 (火)

14mm超広角による夏の天の川。

横浜市にお住まいの蒼月様より、伊豆天城高原で撮影した夏の天の川をお送りいただきましたので、ご紹介します。
 3

●夏の天の川
2016年8月6日 SAMYANG 14mm(f/4)+LEEポリエステルフィルター SOFT3 キヤノン EOS 6D(SEO-SP4改造) ISO800 露出210秒×11枚コンポジット SWAT-200ノータッチ追尾 撮影地 伊豆天城高原
 
■コメント
先週末の土曜日、撮影地の天城高原には沢山の天文ファンが集まり、久々に壮観な現場となりました。立秋前日とはいえ気温は高く、皆さんが大汗流してセッティングする中、一人涼しい顔でさっさとセッティング完了。SWATですから。並み居る大砲に囲まれ、ひと際小さな機材ですが、気後れすることはありません。グラム当たりで考えれば、おそらく一番高価な最高級機材ですから(笑)。
この日の最初の撮影対象は、もうシーズン終盤となった夏の天の川です。そう言えば今年はまだ広角で撮影していませんでした。右下隅の黒い影は木です。さそり座全景と火星が入っていないのは、まあ私が下手なせいですが、あまり低空だと天城高原は木が邪魔をしますね。それと、本当は時間をかけてもう少し凝った撮影を予定していましたが、現地はこの直後に薄雲が広がる生憎の天気となってしまいました。天気は南房総の方が良かったかもしれませんが、それを言っても始まりませんね。当日お会いした方々にまたお会いできることを祈りつつ。
 
■係より
いつもご投稿、ありがとうございます。6日は新月期の土曜日とあって、ウズウズしていた天文ファンが一気に遠征したようですね。一人ぼっちで撮影するのも気をつかわなくていいのですが、満天の星空のもと、天文ファンとおしゃべりしながらの撮影も、また楽しいものです。同じ趣味なので、話題も尽きませんね。さて、今回は天城高原にて14mm超広角で撮影した天の川です。ソフトフィルターで輝星をボカし、彩度とコントラストの効いた仕上げで、天の川中心部から夏の大三角まで構図に収めました。さそりの尻尾あたりからアルタイルにかけての暗黒帯が黒々と浮き上がって不気味さすら感じます。天体改造したEOS 6Dなので、北アメリカ星雲もよく写っています。天城高原では、残念ながら薄雲が広がってしまったそうですが、南房総も1時半頃に曇ったそうです。房総は近さが魅力で、京浜地区からなら1時間ちょいくらいです。空の条件優先なら天城高原でしょうか。横浜からなら気分で選べますね。(笑) またの投稿、お待ちしております。

2016年8月 7日 (日)

いて座付近の天の川。

東京都八王子市の上村裕様より、「いて座付近の天の川」をお送りいただきましたのでご紹介します。上村様は私のブログに書いた撮影地で偶然お会いしたSWAT-350ユーザー様で、この日がSWAT-350の初出動ということで、記念すべき第一作となります。「作例ページにぜひ投稿してください」とお願いしたところ、快くお送りいただきました。
 Photo_2
Photo_3

●いて座付近の天の川
2016年8月6日22時13分~ キヤノン EF100mm F2.8L Macro IS USM 絞り解放+キヤノン EOS 5D mark III ISO2000 60秒露出×10枚×3カットモザイク合成 SWAT-350ノータッチ追尾 撮影地 千葉県君津市 ※下の中心部は係がトリミングしました。

■コメント
昨晩ご一緒した際の画像をお送りします。結局、3カットのモザイクまでしかできませんでしたが、ノータッチでここまで点像をキープできていることに驚きです。M8、M20をはじめ、思いの外、よく写っていました。改造なしでもこれくらいは捉えられるようです。各10コマコンポジットしていますが、ノイズを考えるともう少し感度を下げたいところです。構図に飛行機が入り込んだり、天候の兼ね合いもあるので難しいですが、次回トライしてみようと思います。

■係より
昨日はお疲れ様でした。撮影地で偶然SWATユーザーさんにお会いするのは初めてでした。ちょっと嬉しいやら、性能が出てなかったらどうしようと心配やらで、落ち着きませんでしたが、SWAT-350初撮影も順調にこなされたようで、ほっといたしました。お送りいただいた天の川の画像は3枚モザイク合成されたもので、シャープな星像に加え、暗黒星雲とのコントラストも抜群で、とても千葉の空とは思えないような出来栄えです。画像処理の確かさもあって、見事な作品になりました。お送りいただいたオリジナル画像はもっと高解像なのですが、ブログの制限でそのまま掲載できず残念です。係が中心部を切り抜いて掲載しました。M8干潟星雲、M20三裂星雲、大型の球状星団M22、バンビの横顔からM16、M17、たて座の散開星団M11まで、天の川に沿って写っています。(下の画像を参照) このたびは、ありがとうございました。ぜひ、またお送りください。お待ちしております。
 Photo_4

係が主なM天体を入れてみました。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »