« バンビの横顔とアイリス星雲。 | トップページ | カシオペヤ座。 »

2016年9月11日 (日)

光害地で撮るパックマン星雲。

愛知県春日井市のHUQ様から、光害地のご自宅で撮影したカシオペヤ座のNGC281(パックマン星雲)をお送りいただきましたのでご紹介します。
 

Packman●NGC281 パックマン星雲
2016年9月10日 タカハシ FS-60Q+ニコン TC-20EIII(口径60mm 合成焦点距離1,200mm/F20) ニコン D810A SWAT-350+SS-one mini 2軸ガイド ガイダー:フジノン f=9mm + QHY5L-II + タカハシ6×30光学ファインダー(合成f=54mm F1.8) DEF-Guider による多星ガイド(星数11~16, ズレ検出能力理論値:0.36秒角) ISO800 コマ露出16分×14枚コンポジット 愛知県春日井市の自宅にて

■コメント
カシオペア座にあるちょっと小ぶりだけれど非常に明るい散光星雲です。7.4等、35×30分角。満月と同じぐらいの大きさです。その形から「パックマン星雲」と呼ばれていますが、パックマンにしては少々おどろおどろしい面構えかも。 妖怪が本気で喰らいにきた顔に見えます。(^^;
D810Aの映像素子上に、動くゴミが多数乗っちゃってますね。フラットだけではゴミを消しきれませんでした。 面倒だったのと、コンポジット枚数も少々足りずあまり元の画質が良くなかったこともあり、ゴミはスタンプで消さずにそのまま残してあります。(^^;

■係より
久しぶりの光害地シリーズ、ありがとうございます。ご自宅の春日井市でもこれだけ写せるということは、都市部に住むユーザーにとっても参考になりますし、「撮ってみよう」という気にもさせてくれます。パックマン星雲、確かにパックマンというより妖怪が口を開けて妖気を吐き出しているようですね。(笑) 今回、口径60mm/F10のフローライトに×2リアコンを付けて、合成焦点距離1200mm/F20、露出16分での撮影。オートガイドなくしては点像に写すことは困難ですね。現在、撮影システムを構築中とのことですが、順調に稼働し出すと秋冬の星雲・星団撮影に威力を発揮しそうです。これから秋の長雨シーズンに入ります。本格的な星野撮影はしばらくお預けですが、もう少しですっきりした秋晴れの空が訪れます。楽しみに待ちましょう。ぜひまた、お送りください。

« バンビの横顔とアイリス星雲。 | トップページ | カシオペヤ座。 »

作例写真」カテゴリの記事