« ペルセウス座。 | トップページ | SWAT-350ノータッチ追尾によるM45プレアデス星団。 »

2016年10月31日 (月)

SWAT-200ノータッチ追尾によるM31アンドロメダ銀河。

和歌山市にお住まいの福田将之様より、SWAT-200に8cmEDアポクロマート屈折を搭載して撮影した「アンドロメダ銀河」をお送りいただきましたので、ご紹介します。
 M31

●M31アンドロメダ銀河
2016年10月27日 ビクセン ED81S+TSRED80+75mm絞り環(500mm F6.7)  キヤノン EOS Kiss X6i改 IDAS HEUIBⅡ EOS MFA ISO1600 90秒露出×54枚コンポジット SWAT-200にて自動追尾 撮影地 のかみふれあい公園

■コメント
27日木曜の夜、久々に晴れた夜に恵まれましたので、SWAT-200でED81Sのテスト撮影をしましたので画像を送ります。見た目はかなり無茶な積載という印象ですが、実は鏡筒本体は2.3kgで重量的にはさほど無茶でもありません。鏡筒は純正フード内に段ボールを巻いて夜露対策、フレーミング完了後にファインダーを取り外して軽量化。鏡筒との接続はビクセン規格のアリガタからアルカスイス規格の軽量なクランプとプレートに変更し低頭キャップネジを採用。L字アングルを使用して縦横90度に正確にフレーミングを変更できるようにしています。ウエイトシャフト2本追加し、バランスウェイトの重量を抑えています。というような細々とした慎ましやかな努力をしています。(^^;
実際の撮影では1分30秒で75%~85%程度の成功率なので、ノータッチですがなかなか安定した追尾精度かなぁと言ったところです。SWAT-200がコンパクトなので、案外風の影響は少ないのではないかと期待しています。ED81Sにはゴムパッキンの絞りを付けているので例の3本出る光条は見られませんし、レデューサーが相性いいのかなかなかいい写りをしてくれました。しかしF6.7はちょっと暗いので、撮影画像の処理をしているとさらに倍以上は露光を伸ばして撮影したほうが良いかなという印象でした。
 
■係より
いつもご投稿、ありがとうございます。テスト撮影とはいえ、54枚コンポジットの大迫力アンドロメダ銀河です。SWAT-200に8cmED屈折を搭載して、焦点距離500mmをノータッチ追尾! それでここまで点像に写せることにSWATを送り出している側としても感動しています。ただこの組み合わせで撮影できるのは、福田さんのような経験豊富なベテランが、とても注意深く扱ってなし得ることなので、初心者の方にはちょっとお勧めしにくいです。(笑) SWAT-200は「これくらいのポテンシャルを持っているんだぞ」ということにとどめて、はじめは広角から200mm程度の望遠レンズで、気軽に撮影を楽しみながら、充分に慣れたら、300mmクラスにステップアップするとういう感じがよいと思います。それにしても作品の出来も素晴らしく、高度な画像処理で明るい中心部から淡い周辺部まで階調豊かに仕上げています。昔なら大型赤道儀じゃないと撮れないようなレベルですね。さすがです。ぜひまたお送りください。お待ちしています。
 1

 

2

 

3_2

 

4

« ペルセウス座。 | トップページ | SWAT-350ノータッチ追尾によるM45プレアデス星団。 »

作例写真」カテゴリの記事