« オリオン座南西部とカシオペヤ座ハート星雲周辺。 | トップページ | SWAT-200によるIC405(勾玉星雲)周辺。 »

2016年11月27日 (日)

M42オリオン大星雲からNGC1999。

和歌山市にお住まいの福田将之様より、「M42オリオン大星雲からNGC1999」をお送りいただきましたので、ご紹介します。
 M42

●M42オリオン大星雲からNGC1999
2016年11月24日 ビクセン ED81S+TSRED80+75mm絞り環(500mm F6.7)  キヤノン EOS Kiss X6i改 IDAS HEUIBⅡ EOS MFA ISO1600 90秒露出×39枚コンポジット 総露出時間58.5分 SWAT-200にて自動追尾 撮影地 のかみふれあい公園
 
■コメント
11月24日にED81Sで撮影したM42~NGC1999を処理してみましたのでお送りします。EDレンズなので撮影開始時からの気温差が大きく、途中でピントを合わせなおしてフレーミングしなおしたり、雲の通過もあり、枚数を稼げませんでした。やっぱり、F6.7で1時間弱ではぜんぜん枚数足りません。控えめな処理で止めましたが、淡い部分はかなり荒れています。カメラに夜露がびっしり付くほど湿度が高い夜でしたが、SWAT-200の追尾に最小限の影響で済むようにと極力軽量に作った段ボールフードのおかげでヒーター要らずでした。次回また撮り増ししたいです。
 
■係より
いつもありがとうございます。口径比F6.7は今となっては決して明るくはないですが、ISO1600総露出1時間で、周辺の分子雲がここまで写し出せることにビックリしました。全体のトーンや彩度も、とてもニュートラルな仕上がりになっていて、見本のような作品といえますね。撮影日はとても夜露の多い夜だったとのことですが、自作の「超軽量段ボールフード」の効果は抜群で、ヒーターの必要がなかったのは凄いです。ちょっとした工夫で、弱点を補うのも天体撮影の楽しみでもあります。撮り増した画像も、ぜひお送りください。お待ちしております。
 M422
M424

機材は夜露でびっしょりですが、特製段ボールフードのおかげで、ヒーターなしでもレンズは曇りませんでした。

« オリオン座南西部とカシオペヤ座ハート星雲周辺。 | トップページ | SWAT-200によるIC405(勾玉星雲)周辺。 »

作例写真」カテゴリの記事