« エンゼルフィッシュと勾玉星雲付近。 | トップページ | アンドロメダ銀河と馬頭星雲。 »

2016年12月11日 (日)

モザイク合成による冬の天の川。

東京都八王子市の上村裕様より、最近発売されたばかりのシグマの85mm/F1.4 Artによる「冬の天の川」をお送りいただきましたのでご紹介します。
 PhotoPhoto_2

●モザイク合成による冬の天の川
2016年12月7日0時37分8秒~ シグマ 85mm F1.4 DG HSM Art (絞りF2.0) キヤノン EOS 5D Mark IV(改造なし) ISO400 180秒露出×3枚コンポジット×6枚モザイク SWAT-350ノータッチ追尾 長野県諏訪郡

※上の画像は一枚でお送りいただきましたが、解像度がブログの制限を大きく超えていたので、係が上下に二分割して解像度を活かしました。上下それぞうれクリックすると大きな画像でご覧になれます。
 Photo_3●ぎょしゃ座
 Photo_4●オリオン座
 
■コメント
最近、都合があわずに撮影できていなかったので、平日でしたが仕事終わりに遠征しました。夜半前には月も沈み快晴のもとじっくり撮影できましたが、冷え込みが厳しかったです。撮影後に車の温度計を見ると、マイナス5度になってました。(笑) 今回は、85mmで複数カット撮影し、ぎょしゃ座からオリオン座にかけてモザイク合成しました。カットごとのわずかな色被りが強調処理の邪魔をするので、最終的にモノクロで仕上げています。IR改造はしていませんが、バーナードループをはじめとした赤い散光星雲も炙り出せてお気に入りの1枚になりました。ぎょしゃ座とオリオン周辺の切り出しも合わせてお送りします。これでも、まだ縮小しています。SIGMAの85mmは、これまでのArtシリーズ同様、開放で周辺までビシッと解像してくれます。明るい恒星の周りに滲みが出ますが少し絞れば改善します。歪みも少ないのでモザイクには好適でした。
 
■係より
いつもありがとうございます。発売されたばかりのシグマの85mm/F1.4 Art レンズによる作品です。シグマのArtラインのレンズは、どれも高性能で天体用に最適ですね。星像はシャープですし、ほとんど歪曲もないので、モザイクもやりやすいと思います。開放F値が1.4というのも魅力的です。しかもこの性能でお値段がリーズナブルなもの嬉しいですね。現在、最高レベルのレンズでしょう。そのシグマ85mmで、ぎょしゃ座からオリオン座にかけて、6枚をモザイクで仕上げていただきました。手間のかかった力作です。針の先で突いたような星像と淡く浮かび上がったHαが素晴らしいです。カメラはノーマルとのことですが、けっこう赤い星雲が写りますね。関東地方は、これから晴れる日が多くなると思います。冬の天体を撮影されたら、ぜひまたお送りください。お待ちしております。

« エンゼルフィッシュと勾玉星雲付近。 | トップページ | アンドロメダ銀河と馬頭星雲。 »

作例写真」カテゴリの記事