« 勾玉星雲とM81・M82。 | トップページ | マルカリアンチェーン。 »

2017年1月31日 (火)

クリスマスツリー星団付近と冬のダイヤモンド。

東京都八王子市の関原謙介様より、「クリスマスツリー星団からバラ星雲」と「冬のダイヤモンド」をお送りいただきましたのでご紹介します。
 Photo_4

●クリスマスツリー星団からバラ星雲
2016年12月29日 AI AFニッコール180mm F2.8D IF-ED 絞りF3.5 ニコン D810A IDAS LPS-D1フィルター使用 ISO3200 120秒露出×24枚をStellaImage7でコンポジット ニコンキャプチャーNX2にて画像処理 SWAT-350にてノータッチガイド 撮影地 静岡県松崎町
 Photo_5

●冬のダイヤモンド
2017年1月26日 AF-Sニッコール14-24mm F2.8G ED 20mm 絞り開放 ニコン D810A IDAS LPS-D1フィルター使用 ISO2200 120秒露出×40枚をStellaImage7でコンポジット ニコンキャプチャーNX2にて画像処理 SWAT-350にてノータッチガイド 撮影地 静岡県朝霧高原
 
■コメント
「クリスマスツリー星団からバラ星雲」は昨年の年末に撮影したものです。もう少し加算画像の枚数を増やしたかったのですが…。実はこの前日にも同じ構図を撮影していて、2日に亘る撮影画像を加算するつもりだったのですが、画角がわずかに違ったためStellaImage7ではうまく位置合わせが出来ず、前日の画像は加算に用いる事が出来ませんでした。「冬のダイアモンド」はワイドレンズによる冬の天の川の撮影です。この画像もトータル80分の加算を行ったのですが、赤い星雲のコントラストがイマイチです。かといって無理やり強調すると微光星が肥大し、天の川の滑らかな感じが損なわれるので、強調を控えめにしてみました。このような作例で赤い星雲のコントラストを上げたければ空の暗いところで撮影する以外にはなさそうです。朝霧高原は東海道沿いの都市からの光害でかなり明るいです。
 
■係より
いつもご投稿ありがとうございます。クリスマスツリー星団からバラ星雲にかけては200mmクラスで狙うのにちょうどいい撮影対象ですね。180mm F2.8をF3.5まで絞って周辺星像と周辺減光を改善して、画像処理をやりやすくしています。その甲斐あって、非常に美しい作品となっりました。冬のダイヤモンドは広角20mmレンズを使って、冬のハイライトを一網打尽にした作品です。あえて、控えめな画像処理としたことで、より自然な仕上がりになっています。別の日に撮影して構図が少しズレて、自動でコンポジット出来ないことは、ままありますね。私は、それぞれ別々にコンポジットした画像をPhotoshopで手動で重ねています。ある程度、手動で回転や星の位置を調整してやれば、自動でコンポジット出来るかもしれません。お試しください。レンズの収差が大きいと周辺でうまく重ならないことがありますけど、そんな時はトリミングですね。(笑) ぜひまたお送りください。お待ちしております。

« 勾玉星雲とM81・M82。 | トップページ | マルカリアンチェーン。 »

作例写真」カテゴリの記事