« 大マゼラン雲と小マゼラン雲。 | トップページ | ペルセウス座二重星団周辺。 »

2017年1月 6日 (金)

オリオン大星雲。

大分県佐伯市にお住まいの志賀本昌様より、初投稿いただきました。ご自宅のベランダからSWAT-350+シグマ600mm望遠で撮影した「オリオン大星雲」です。
 M42_2

●オリオン大星雲
2016年12月29日、31日 シグマ 150-600mm F5-F6.3 600mm 絞りF7.1 キヤノン EOS KissX 7i(IR改造) ISO1600 露出6分×7枚+露出4分×19枚+露出2分×6枚+露出1分×3枚 合計35枚コンポジット SWAT-350+M-GENによる一軸オートガイド 撮影地 大分県佐伯市
 
■コメント
初めての投稿です。シグマの600ミリレンズをSWAT-350に搭載して撮影するためのオートガイド装置としてM-GENを購入しました。いまいちM-GENの使い方が解らなくて苦労しましたが、やっと12月29日に精密なオートガイドに成功したので、12月31日にも追加で撮影してコンポジット用の元画像を揃えました。作品を仕上げるにあたっては、ユニテック代表の加曽利さんにアドバイスをもらいPhotoshopエレメントとNikCollectionsを使って、初めて画像処理を試みました。撮影場所は自宅ベランダからです。当初は木造家屋のベランダのため強度不足で震動に極端に弱く、ちょっと歩いただけで星が流れました。その後、いろいろ試行錯誤を重ね、歩いても震動が伝わらないような仕組みを構築しました。これはうまく行きました。それから、撮影方向の南にはイチゴ農家のハウスがあり、シーズンはオールナイトで照明していて、視野が広いとカブリが生じますが、今回のオリオン大星雲の撮影では、超望遠レンズのためか、片カブリの影響は感じませんでした。まだ画像処理はよく分かっていませんが 最初ですからこんなものでいいかなと自分では思っています。
 
■係より
このたびは初投稿いただきまして、誠にありがとうございます。メールでは、何度かやりとりさせていただきましたが、600mmのオートガイドも見事に成功されて、これだけ立派なオリオン大星雲を仕上げられたのは、実に見事としか言いようがありません。目の前のハウス農家の光害は残念ですが、それでもご自宅ベランダから、これだけの作品が撮れるのですから、なんとも羨ましい環境だと思います。これからも四季折々の魅力ある天体をコレクションしていただければと思います。また撮影されましたら、お気軽にご投稿ください。お待ちしております。

« 大マゼラン雲と小マゼラン雲。 | トップページ | ペルセウス座二重星団周辺。 »

作例写真」カテゴリの記事