« きらめく冬の星座たち。 | トップページ | 光害地で撮るバラ星雲。 »

2017年2月27日 (月)

マルカリアンの鎖。

大分県佐伯市にお住まいのたくちゃん様より、SWAT-300で撮影した「マルカリアンの鎖」をお送りいただきましたのでご紹介します。
 Photo
Photo_2

●マルカリアンの鎖
2017年2月24日0時~4時30分 コーワプロミナー500mm/F=5.6 ペンタックスK-70(無改造) ISO2500 4分露出×59枚コンポジット(総露出時間4時間) SWAT-300+M-GENによる一軸オートガイド ステライメージ8→フトショップCS6で画像処理 撮影地 大分県佐伯市 ※反転画像は係が作成しました。
 
■コメント
オリオン座も薄明かり終了時には南中を過ぎ冬の星雲撮影も終りとなりつつあります。いよいよ、春の系外銀河の撮影が好機を迎えようとしております。今回は、その中でも華やかなマルカリアン鎖を撮影してまいりました。撮影に際して留意したのは色鮮やかな系外銀河を表現したいと思い何をすべきか悩みました。一番効果がありそうなのは撮影枚数と撮影時間と思い0時前から薄明かりが始まる直前の4時30分までの撮影となりました。画像処理が済んで作品ができた時は改めて宇宙の美しさを実感しました。それにしても、寒かったです。最低気温は-4.9℃でありました。
 
■係より
総露出時間4時間におよぶ力作です。「マルカリアンの鎖」は「マルカリアンチェーン」、「マルカリアンの銀河鎖」とも呼ばれるおとめ座銀河団の人気領域です。無数の銀河が浮かび上がり、思わず引き込まれそうな美しさです。彩度を工夫して、青や黄色の銀河の色味を表現されたのがとても印象的ですね。やはり一晩に撮影対象を絞り込めば、おのずとクォリティアップできて、仕上がり後の満足度も違いますね。お見事な作品でした。またのご投稿お待ちしております。ありがとうございました。

« きらめく冬の星座たち。 | トップページ | 光害地で撮るバラ星雲。 »

作例写真」カテゴリの記事