« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月31日 (金)

光害地で撮るM8、M20、M16。

愛知県春日井市のHUQ様から、光害と春霞の悪条件で撮影した「M16ワシ星雲」をお送りいただきましたのでご紹介します。
 M8m20

●M8干潟星雲、M20三裂星雲
2017年3月25日4時35分~ タカハシ FS-60Q(f=600mm F10.0) + IDAS LPS-D1フィルター ニコン Df(クリアフィルター改造) ISO1600 露出2.5分×5枚 2分×1枚 1分×2枚 合計8枚コンポジット ガイダー ASI185MC + KOWA 100mm F2.8 SWAT-200+ SS-one mini MaxImDLにて2軸ガイド(撮影時間が惜しかったのでディザリング無し) 撮影地 愛知県春日井市
 M16

●M16 ワシ星雲
2017年3月28日4時12分~ タカハシ FS-60Q(f=600mm F10.0) + IDAS LPS-D1フィルター ニコン Df(クリアフィルター改造) ISO800 露出5分×1枚 8分×5枚 4分×2枚 合計8枚コンポジット ガイダー ASI185MC + KOWA 100mm F2.8 SWAT-200+ SS-one mini MaxImDLにて2軸ガイド(コマ毎に赤経/赤緯方向にランダムに5ピクセル、ディザリングを実施) 撮影地 愛知県春日井市
 
■コメント
先週は珍しく新月期にずっと晴れていましたが、日々春霞が濃く…残念なお天気でした。こうも濁った空では遠征する気にもなれず、毎日最近使い始めた撮影ソフト MaxImDLの各種パラメータ習熟を兼ね、自宅のベランダから撮っておりました。ベランダに常設している天候監視カメラの映像を観察していると、どうやら午前4時頃は透明度が良くなることが判り…薄明前後の数十分で、夏の散光星雲を朝撮りしました。天文薄明開始は4時半頃ですが、少しでもコンポジット枚数を稼ぐために、航海薄明開始後まで撮ったものを使っています。結果、青空の青が先に飽和に達して、緑・赤との輝度差が少なくなってしまうため、バックグラウンドをグレー基調にすると、星雲の中の青い部分が表現できなくなってしまうのが残念です。(そもそも春霞で青い天体光が散乱されてしまっている、というのもあります。)三裂星雲M20の青い部分が南側の赤い部分を取り巻いているところまで写しきれていない点や、干潟星雲M8、ワシ星雲M16 の輝度の高い部分に含まれる青っぽい色合いが表現できなかった点など、スカッと晴れた初夏の空での宿題ですね。それでも、JR駅近の街中でも光害カットフィルターを使えば、赤い星雲は結構良く写ります。
 
■係より
一ヶ月ぶりにHUQ様からご投稿いただきました。このところ、天気がイマイチで、作例写真コーナーも閑古鳥でした。そんな状況を察していただいたのか、春霞に加えて光害と薄明の中、夏の代表的散光星雲をお送りいただきました。悪条件にもかかわらず、赤い星雲を見事に炙り出しました。特にM16は星雲の階調も豊富で淡い広がりも表現できていて、とても見応えがあります。いずれの対象も条件の良いときに納得いく撮影がしたいですね。ありがとうございました。またのご投稿、お待ちしております。

2017年3月12日 (日)

オリオン大星雲、その2。

東京都八王子市の上村裕様より、ボーグ107FLで撮影した「オリオン大星雲(続編)」をお送りいただきましたのでご紹介します。
 M42_crop

●オリオン大星雲
2017年3月3日18時52分~ ボーグ107FL+フラットナー 1.08× 合成焦点距離648mm/F6.1 キヤノン EOS 6D(IR改造) ISO1600 5分露出×24枚+30秒露出×24枚+10秒露出×24枚をコンポジット SWAT-350+M-GENによる一軸オートガイド 撮影地 山梨県北杜市
 
■コメント
先日お送りしましたオリオン大星雲ですが、露出時間を変更して撮影したものを合成して可能な限りハイライトを復元してみましたのでご参考にお送りします。また、彩度が高過ぎてくどかったのでそれも抑えました。(笑) 分子雲も抑え気味にした方がうるさくなくていいかもですね。追加したのは、30秒露出×24枚と10秒露出×24枚の2種類です。トーンジャンプが起こらないようにヒストグラムを見ながら処理しました。
 
■係より
前回のオリオン大星雲に短時間露出のコマを合成して、白飛びしたハイライト部分(オリオン星雲の中心部)に階調を出しました。また、全体的な彩度を修正して、よりナチュラルな仕上げとなっています。色調や彩度、炙り出しの程度は、それぞれ各自の好みがあるので、どれが正解というわけでありませんが、前回よりもかなり控えめな処理なので、ノイズも抑えられていて、美しく仕上っています。ご投稿ありがとうございました。ぜひまたお送りください。

2017年3月 7日 (火)

アンタレス周辺。

大分県佐伯市にお住まいのたくちゃん様より、SWAT-300で撮影した「アンタレス周辺」をお送りいただきましたのでご紹介します。
 Photo

●アンタレス周辺
タムロン70-200mm/F2.8Di LD[IF]MACRO 200mm 絞りF5 ペンタックスK5Ⅱs(無改造) ISO3200 160秒露出×51枚コンポジット ステライメージ8からフォトショップCS6で画像処理 SWAT-300ノータッチガイド 撮影地大分県佐伯市
 
■コメント
2月の新月期も終わり、今後は系外銀河とそれに続く天の川の撮影時期と季節は移っていきます。今回も未処理だったアンタレス周辺の画像処理を行いましたのでお送りします。これは、普通の望遠ズームレンズと無改造のK5Ⅱsを使ってノータッチガイドで撮影しております。これから天体写真をやってみたいと思われている方はぜひ気軽に始められてはいかがでしょうか。小型の追尾精度の良い赤道儀として購入したSWAT-300ですが、3年間使った結果、とても良い買い物だったと思います。300mm望遠レンズと1.4Xエクステンダーを併用した420mmのノータッチ追尾でも、露出時間を調節すれば結果良好でした。SWAT-300の追尾精度が遺憾なく発揮されたものと感じております。
 
■係より
4日に掲載した関原さんの作品と比較すると、やや北に向けた構図です。デジタル対応のズームレンズは昔のズームと比べて、かなり高性能化されてますから、星像も極めてシャープですね。今回の作品はF2.8をF5まで絞っていますので、APS-CサイズのペンタックスK5Ⅱsなら、全面シャープな星像に加え、周辺減光もほとんど感じないのではないでしょうか。色彩豊かな美しい星域を見事に捉えています。SWAT-300についても、たいへん気に入っていただけて、メーカーとしても嬉しい限りです。焦点距離420mmもの超望遠で星を点像に写すとなると、さすがに何分もノータッチとはいかないですが、2~3分くらいであれば、高打率でノータッチ追尾出来ると思います。これからも末永くご愛用いただければ幸いです。どうもありがとうございました。またの投稿、お待ちしております。

2017年3月 6日 (月)

オリオン大星雲。

東京都八王子市の上村裕様より、ボーグ107FLで撮影した「オリオン大星雲」をお送りいただきましたのでご紹介します。
 M42●オリオン大星雲
2017年3月3日18時52分~ ボーグ107FL+フラットナー 1.08× 合成焦点距離648mm/F6.1 キヤノン EOS 6D(IR改造) ISO1600 5分露出×24枚コンポジット SWAT-350+M-GENによる一軸オートガイド 撮影地 山梨県北杜市
 
■コメント
先日は、CP+お疲れ様でした。SWATコーナー大盛況でしたね。さて、3日の金曜に久しぶりに遠征してきましたので、その時撮影した画像をお送りします。先月入手した、ボーグ107FLのファーストライトです。22時過ぎまで月が出ていますが、貴重な晴れ間を逃すわけにはいきません。夜半過ぎまではシーイングが悪く、ライブビューを見ると酷い揺らぎでした。狙いは、オリオン大星雲です。すでにシーズンは過ぎつつありますが、ファーストライトに相応しく、見栄えのする大型星雲を選びました。加曽利さんがブログで掲載されているように、107FLをSWAT-350に搭載しても追尾はまったく問題なく終始安定していました。トップヘビーな107FLをバランスさせるため、対物レンズとヘリコイドの間に鏡筒を接続して、この部分をバンドで固定しました。ボーグさんのサイトの組み付け例のように鏡筒をヘリコイドの後ろに持ってくると、対物レンズ側が極端に重く、バンドを止めているアルカレールや微動回転ユニットに大きな負荷がかかってネジが緩む方向に回転していまい固定に支障をきたしたための入れ替えることにしました。撮影結果ですが、最周辺までシャープな像を結んでくれました。シーイングがよければ、さらに解像してくれそうです。フラットナーは600mmの目盛りがないので大まかに合わせただけです。今回から、IR改造したEOS 6Dを導入しました。広範に広がるHa領域が美しいです。1発目としては、そこそこ満足のいく結果となりました。
 
■係より
CP+ではボーグさんのSWATコーナーにおいでくださいまして、ありがとうございました。その後、CP+効果もあってか、SWATがよく売れてまして、SWAT-350は在庫がなくなってしまいました。(汗) さて、ボーグ107FLとEOS6DのIR改造を新規導入されてのファーストライトとして「オリオン大星雲」を撮影されました。いや~、よく写ってますね。立体的に見えてきます。分子雲の炙り出しも上等です。焦点距離が長くなると、風の影響も受けやすく、ガイドも難しくなってきますが、迫力がグッと増します。これからの撮影が楽しみですね。ご投稿ありがとうございました。ぜひまたお送りください。
 Img_1970

上村さんのSWAT-350と新規導入したボーグ107FL。

2017年3月 4日 (土)

アンタレス周辺とかもめ星雲。

東京都八王子市の関原謙介様より、「アンタレス周辺」と「かもめ星雲」をお送りいただきましたのでご紹介します。
 Antares

●アンタレス周辺の散光・反射星雲
2017年2月26日 コーワプロミナー500+TX07(合成焦点距離350mm/F4) ニコン D810A IDAS HEUIB-IIフィルター使用 ISO1100 80秒露出×32枚をStellaImage7でコンポジット ニコンキャプチャーNX2およびNik Collectionにて画像処理 SWAT-350にてノータッチガイド 撮影地 静岡県松崎町
 Seagull

●かもめ星雲
2017年2月21日 コーワプロミナー500+TX07(合成焦点距離350mm/F4) ニコン D810A IDAS HEUIB-IIフィルター使用 ISO1600 100秒露出×37枚をStellaImage7でコンポジット ニコンキャプチャーNX2にて画像処理 SWAT-350にてノータッチガイド 撮影地 山梨県清里高原
 
■コメント
「アンタレス周辺の散光・反射星雲」は夜明け前に昇って来たさそり座を狙ったものです。この日は日没の薄明が終わる頃から風が強くなり、一晩中吹き荒れ、3時頃にやっと静かになりました。この写真は、その後から夜明けまで、出来るだけ枚数を稼ごうと連写したものです。なんとか1時間弱の露出時間を稼ぐ事が出来ました。この季節にアンタレスが撮れたのですから、強風の中を待ち続けた甲斐がありました。「かもめ星雲」は暗い空を求めて清里まで遠征して撮影したものです。と言っても、夜半過ぎにうす雲が出てきてしまい撮影枚数を稼げませんでした。この日は気温-10度。とにかく寒かったです。
 
■係より
夏の「アンタレス周辺」と冬の「かもめ星雲(わし星雲)」を一緒にお送りいただきました。作例は撮影日が5日ほど違いますけど、一晩で冬と夏が同時に楽しめる季節なんですね。アンタレスは上の画像の中心に輝くさそり座の一等星です。この周辺はとてもカラフルで美しい領域として人気がありますね。赤、青、黄色が入り交じり、ため息しか出ない美しさです。アンタレスの右上の小さな球状星団がNGC6144。右端の巨大な球状星団がM4です。上の方には暗黒星雲が複雑に入り組んでいる様子も捉えました。ISO1100の32枚コンポジットでノイズを抑え、豊かな階調に仕上がりました。かもめ星雲はシリウスとプロキオンを結ぶ直線の1/3くらいのシリウス寄りにあります。大きな星雲なので、200mmクラスの望遠でも充分に楽しめる天体です。赤い散光星雲の広がりを強調した見応えのある作品に仕上がっています。氷点下10℃ですから、冷却カメラ並の性能ですね。いつもご投稿いただき、ありがとうございます。ぜひまたお送りください。お待ちしております。

2017年3月 3日 (金)

コーン星雲周辺。

横浜市にお住まいの蒼月様より、SWAT-200による「コーン星雲周辺」を送りいただきましたのでご紹介します。
 Cone

●コーン星雲周辺
2017年2月25日 ボーグ 71FL+レデューサー0.72×DGQ(288mm, F4.1) キヤノン EOS 6D(SEO-SP4改造) ISO3200 270秒露出×22枚コンポジット SWAT-200(PHD2で一軸オートガイド) 撮影地 朝霧アリーナ
 
■コメント
前回、強風で思い通りの写真が撮れなかったコーン星雲からバラ星雲までの領域のリベンジを果たしに、先週末、同じ朝霧アリーナに遠征してきました。この時期、冬の天の川は、薄明が終わる頃にはほぼ南中し、日付が変わる頃には西に大きく傾いてしまいます。それまでに2パネル撮るのはタイムトライアルのようなものですが、この日の朝霧は21時過ぎまで薄雲に邪魔されてしまい、まともに撮れたのはコーン星雲周辺のみとなってしまいました。とはいえ、この日の朝霧は風が穏やかで、前回よりも丸くシャープな星像を得ることができたので、今シーズンはこれで満足することにします。より高解像度な画像はこちら(https://flic.kr/p/SpFvwA)からご覧いただけます。赤いコーン星雲と青いIC2169に黄色い星々が入り混じって、非常に美しい領域ですね。さて、これからは、撮ってもお皿は貰えない「春の銀河祭り」(笑)が本格化します。短焦点で写せるものは限られ、寂しい季節ですが、幾つか狙っている対象があるので、マイペースで楽しんでいきたいと思います。
 
■係より
コーン星雲&クリスマスツリー星団からバラ星雲にかけては、中望遠くらいから楽しめる人気エリアですが、焦点距離300mmクラスになるとバラ星雲までは同時に撮影できません。蒼月さんもそのあたりは計算されていて、2パネルのモザイクで挑みましたが、バラ星雲は薄雲に阻まれてしまいました。ただ、コーン星雲の出来は素晴らしく、カラフルな美しさは息を飲むほどです。天の川の中とあって背景には星が敷き詰められています。星の色も残っていて、画像処理のレベルの高さを感じさせますね。今からバラ星雲との結合が楽しみです。そして「春の銀河まつり」が開催中とあって、蒼月さんもどこか狙っているようですね。縦から横から正面から、すてきな渦巻き柄のお皿をお願いします。(笑) ご投稿ありがとうございました。

2017年3月 1日 (水)

光害地で撮るバラ星雲。

愛知県春日井市のHUQ様から、光害下のご自宅で撮影した「バラ星雲」をお送りいただきましたのでご紹介します。
 Photo

●バラ星雲
2017年2月28日22時43分~ タカハシ FS-60Q(f=600mm F10.0) + IDAS HEUIB-IIフィルター ニコン Df(クリアフィルター改造) ISO800 露出6分×27枚コンポジット ガイダー ASI185MC + KOWA 100mm F2.8 SWAT-350+ SS-one mini 2軸ガイド ケラレの大きい四隅をトリミング 撮影地 愛知県春日井市
 
■コメント
もう季節を逸しつつありますが、晴れ間をみては自宅ベランダにて、ポタ赤2軸オートガイドを色々試しています。ここ最近の被写体はバラ星雲ばかりです。撮影時からフラットを撮るまでの間に映像素子上のゴミが動いてしまったようで、黒点と白斑が出てしまいました。今回はチョイと赤緯方向にハンチングが出て失敗…したものの、50%縮小リサイズなら何とか見られますね。これまで、1コマの露出時間が6分以上になると赤経方向に微妙に流れる現象に頭を悩ませていましたが、ガイドソフトに MaxImDL を使い、ガイド制御周期を1秒弱として「こまめに修正をかける」という手法により、赤経方向の流れはクリアすることができました。現状、赤経方向の流れはだいたい±3秒角以下に納まっています。
カメラはクリアフィルタ改造 Df を使っています。昨今当地の光害は劇的に酷くなっており、 D810A では光害の迷光を拾って青と赤に同心円の干渉縞風のカブリが出てしまうようになりました。クリアフィルタ改造Dfはこの現象が出ないため、今後自宅撮りでは Df がメインとなりそうです。
最近ガイダーを取っ替え引っ替えしていますが、しばらくは ZWO ASI185MC に落ち着きそうです。これは QHY5L-II や ASI120MM と同じくピクセルピッチ 3.75um のガイダーなので、QHY5L-II をガイダーとして使う場合と同じ焦点距離のCマウントレンズを使って、同じ精度でガイドできます。一方、画素サイズが 1/1.9inch と大きいため、f=16mm のCマウントレンズを付けると、フルサイズ換算で f=80mm 相当の視野を得られます。しし座が丁度入るぐらいの写野で、街中でもしし座銀河群やおとめ座銀河群の特定の領域を意図して狙えることが判りました。またこれは、型番の "MC" が表す通りベイヤータイプのカラーカメラです。Cマウントレンズと ASI185MC の間に光害カットフィイルター LPS-P1 を入れることで、街中でもバラ星雲をうっすら赤く視認することができました。電視ファインダーとして、α7S + F2.0 レンズ級のポテンシャルがあります。やはり色着きで天体が"観える"というのは良いですね。ピクセルピッチがもっと細かい(2.4um) QHY5III-178M も試してみましたが、画素数が多すぎて、現状の QHYCCD製 ASCOM ドライバでは、天体の導入に使えるほどの画面更新速度を得られませんでした。SharpCapでネイティブドライバを使えば滑らかに画面が更新されるのですが、PHD2やMaxImDLでは ASCOM ドライバしか使えないため、ソフトウェアのアップデート待ちの状態です。
 
■係より
HUQさんから、久しぶりに「光害地シリーズ」をお送りいただきました。オートガイドで腐心されているようですが、ようやくMaxImDLで細かく補正を入れることで、ひとまず満足いく結果を得られたようですね。私もM-GENの最適なパラメータを見つけるのに試行錯誤してします。オートガイドする場合でも、追尾精度がもともとよい赤道儀の方が、安定して好結果が得られるとの情報もあり、なかなか奥深いです。さて、お送りいただいたバラ星雲は、とても光害地で撮影したとは思えないような、細部の描写ですね。星雲の階調や周辺部のごく淡い部分まで炙り出せています。光害地でも星野撮影が楽しめるようになったのも、デジタルカメラのおかげですね。電視ファインダーやポタ赤での2軸ガイドなど、HUQさんの旺盛なチャレンジ精神には敬服しています。ご投稿ありがとうございました。ぜひまたお送りください。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »