« アンタレス周辺とかもめ星雲。 | トップページ | アンタレス周辺。 »

2017年3月 6日 (月)

オリオン大星雲。

東京都八王子市の上村裕様より、ボーグ107FLで撮影した「オリオン大星雲」をお送りいただきましたのでご紹介します。
 M42●オリオン大星雲
2017年3月3日18時52分~ ボーグ107FL+フラットナー 1.08× 合成焦点距離648mm/F6.1 キヤノン EOS 6D(IR改造) ISO1600 5分露出×24枚コンポジット SWAT-350+M-GENによる一軸オートガイド 撮影地 山梨県北杜市
 
■コメント
先日は、CP+お疲れ様でした。SWATコーナー大盛況でしたね。さて、3日の金曜に久しぶりに遠征してきましたので、その時撮影した画像をお送りします。先月入手した、ボーグ107FLのファーストライトです。22時過ぎまで月が出ていますが、貴重な晴れ間を逃すわけにはいきません。夜半過ぎまではシーイングが悪く、ライブビューを見ると酷い揺らぎでした。狙いは、オリオン大星雲です。すでにシーズンは過ぎつつありますが、ファーストライトに相応しく、見栄えのする大型星雲を選びました。加曽利さんがブログで掲載されているように、107FLをSWAT-350に搭載しても追尾はまったく問題なく終始安定していました。トップヘビーな107FLをバランスさせるため、対物レンズとヘリコイドの間に鏡筒を接続して、この部分をバンドで固定しました。ボーグさんのサイトの組み付け例のように鏡筒をヘリコイドの後ろに持ってくると、対物レンズ側が極端に重く、バンドを止めているアルカレールや微動回転ユニットに大きな負荷がかかってネジが緩む方向に回転していまい固定に支障をきたしたための入れ替えることにしました。撮影結果ですが、最周辺までシャープな像を結んでくれました。シーイングがよければ、さらに解像してくれそうです。フラットナーは600mmの目盛りがないので大まかに合わせただけです。今回から、IR改造したEOS 6Dを導入しました。広範に広がるHa領域が美しいです。1発目としては、そこそこ満足のいく結果となりました。
 
■係より
CP+ではボーグさんのSWATコーナーにおいでくださいまして、ありがとうございました。その後、CP+効果もあってか、SWATがよく売れてまして、SWAT-350は在庫がなくなってしまいました。(汗) さて、ボーグ107FLとEOS6DのIR改造を新規導入されてのファーストライトとして「オリオン大星雲」を撮影されました。いや~、よく写ってますね。立体的に見えてきます。分子雲の炙り出しも上等です。焦点距離が長くなると、風の影響も受けやすく、ガイドも難しくなってきますが、迫力がグッと増します。これからの撮影が楽しみですね。ご投稿ありがとうございました。ぜひまたお送りください。
 Img_1970

上村さんのSWAT-350と新規導入したボーグ107FL。

« アンタレス周辺とかもめ星雲。 | トップページ | アンタレス周辺。 »

作例写真」カテゴリの記事