« 夏の天の川。 | トップページ | ビクセンFL55SSによるオリオン座中心部。 »

2019年10月24日 (木)

1200mmで撮るオリオン大星雲。

愛知県春日井市のHUQ様から、ご自宅ベランダから1200mmで撮影した「オリオン大星雲」をお送りいただきましたので、ご紹介します。
 
Lightbinning_2_half
●オリオン大星雲
2019年10月23日23時01分~05時17分 タカハシ FS60Q ニコン D810A+TC-20EIII 合成焦点距離1200mm(F20) ISO1600 露出16分×6枚コンポジット SWAT350V-spec + SWAT350V-spec DECモード搭載試作機による2軸オートガイド 自宅ベランダにて撮影
 
■コメント
久方ぶりの撮影で色々失敗しましたが、とりあえず昇るM42・M43をモノに出来ました。もう少しコンポジット枚数を増やしてノイズ感を減らしたいところですね。f=1200mm コマ露出16分程度では揺るがぬガイド。頼もしいです。途中、頻繁に流れ雲にガイドを邪魔されたようですが、V-specの精度でガイド星自動再検出可能な程度のズレに留まってくれたようです。朝までグッスリ眠ることができました。
 
■係より
HUQさんには以前よりSWATのβテスターとして貴重なフィードバックをしていただいてます。今回は発売直前のV-specと開発中のDEC(赤緯)モードのテストをかねて2軸で1200mmをオートガイドしてもらいました。まったく天候に恵まれないここ半年としては超貴重な昨夜の晴れを活かしての撮影です。ベランダでのほったらかし2軸ガイドですから、撮影中にスヤスヤと睡眠をむさぼっても、ご覧のような素晴らしい結果をものにできました。こういう撮影もいいですね。2軸ならではのメリットは16分もの長時間露出でも星像が流れない(赤緯の補正量が大きいと写野が回転します)ことです。通常これほどの長時間露光ですと、大気差や極軸の設置誤差、機材の剛性不足などで、どうしてもわずかな流れが生じます。デジカメ時代になって長くても5分程度の露出が主流となって、そういった懸念は払拭されましたが、今あえてリスクの高いF20という暗い光学系で長時間露光という撮影法にチャレンジし、こういった結果をものにするHUQさんをリスペクトせずにはいられません。というか呆れますが…(笑) とにかく撮影の幅が大きく広がることは間違いないですね。ということで、SWAT-350を赤緯体にできるDECモードを現在開発中です。今のところ、大きな問題は生じておらず、来年前半には発売できそうです。お手持ちのSWAT-350にDEC機能を追加する改造も行います。超長焦点で2軸ガイドするか、1軸2台体制で撮るか、SWATの使いこなしも術も変わってきます。

« 夏の天の川。 | トップページ | ビクセンFL55SSによるオリオン座中心部。 »

作例写真」カテゴリの記事