« オリオンと冬の天の川。 | トップページ | 勾玉星雲と超新星残骸。 »

2020年2月 5日 (水)

M78とバーナードループ(再処理)。

東京都八王子市の関原謙介様より、「M78とバーナードループ(再処理)」をお送りいただきましたのでご紹介します。
 
Orion_m78_s
●M78とバーナードループ(再処理)
2019年2月2日 Kowa Prominar500+レデュサーTX07(焦点距離350mm、F4) IDAS HEUIB-IIフィルター Nikon D810A ISO3200 80秒露光×50枚、100秒露光×56枚 SWAT-350によるノータッチ追尾撮影 撮影地 静岡県西伊豆松崎町
2018年1月13日 Kowa Prominar500+レデュサーTX07(焦点距離350mm,F4) IDAS HEUIB-IIフィルター Nikon D810A,ISO3200 3分露光×39枚 SWAT-350とMGENによる1軸ガイド追尾撮影 PixInsightで画像処理 Nikon Capture2で微調整 撮影地 静岡県西伊豆松崎町
 
■コメント
天候不順のため撮影がなかなかできずにいますが、天候をぼやいても仕方がないので、昨年までの画像を再処理してみることにしました。実は昨年秋にPCを買い替えメモリーを64GB積みましたので、PixInsightでD810aの36Mピクセルの画像を150枚程度同時処理できるようになりました。(以前のPCでは60~70枚程度が限界でした) これを用いて、2018年1月に撮影した3分露光39枚の画像と2019年2月に撮影した80秒露光50枚、100秒露光56枚の
画像を同時処理してみました。トータルの露光時間は275分です。このような場合、1年を挟んだ2つの撮影で、どうしても視野が正確には一致せず、若干ずれてきますが、PixInsightは同時処理することで、この視野ずれの影響をかなり目立たなくしてくれるみたいです。
 
■係より
冬だというのに太平洋側の晴天が続かず、作品のご投稿がすっかり減ってしまいました。そんな中、関原さんは僅かな晴れ間を活かして、素晴らしい作品をものにされています。今回は昨年のデータと今年のデータを合算して、総露出4時間35分にも及ぶ大作で、オリオン座のM78付近です。バーナードループを挟んで対峙する暗黒星雲LDN1622との対比が見事で、背景に広がる淡い散光星雲もよく描出さています。画像全体の階調も申し分ありません。ご投稿ありがとうございました。ぜひまたお送りください。

« オリオンと冬の天の川。 | トップページ | 勾玉星雲と超新星残骸。 »

作例写真」カテゴリの記事