« 2020年2月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年3月

2020年3月29日 (日)

初撮影!M51&マルカリアンチェーン。

神奈川県横浜市にお住まいの丹羽雅彦様より、初めての天体写真撮影で捉えた「M51子持ち銀河」と「マルカリアンチェーン」をお送りいただきましたのでご紹介します。
 
M51s
●M51子持ち銀河
2020年3月22日2時10分22秒~ ビクセン R130Sf反射  焦点距離 650mm/F5 富士フイルム X-T30 露出90秒×20枚コンポジット(総露出30分) SWAT-310V-specノータッチ追尾 PixInsight、Adobe Lightroomにて画像処理 トリミング有り 撮影地 神奈川県三浦市城ヶ島近辺
 
Markarianss
●マルカリアンチェーン
2020年3月22日1時02分04秒~ ビクセン R130Sf反射  焦点距離 650mm/F5 富士フイルム X-T30 露出60秒×25枚+90秒×10枚コンポジット(総露出40分) SWAT-310V-specノータッチ追尾 PixInsight、Adobe Lightroomにて画像処理 トリミング有り 撮影地 神奈川県三浦市城ヶ島近辺
 
■コメント
ようやく晴れた先週に、神奈川県三浦市の城ヶ島公園近くで撮影してきました。ベテランの方から見ると突っ込みどころ満載と思いますが、私としては生まれて初めての天体写真で言葉にならない嬉しさがあります。とにもかくにも撮影はできたので、これから経験を積んで上達したく思います。初心者の写真ですが何かの参考になるかもしれないので、お送りします。
撮影は惑星の観望にこれまで使ってきたビクセン130sf(13cm反射 650mm F/5)をSWAT-310V-specに載せました。M51は90sec×20枚、マルカリアンの鎖は60sec×25枚、90sec×10枚をコンポジットしています。ISOはともに6400です。ユニテックさんのホームページにあった蒼月さんの連載「画像処理入門」を参考にPixInsightで画像処理しました。当日は北の空が曇っていて北極星がどうにか見えるレベルだったので、極軸の合わせはあまりできていないせいか、少し流れています。
 
■係より

丹羽さんよりの初投稿は驚愕の作品で、なんとこれが初めての天体撮影だそうです。撮影地が城ヶ島公園近くなので、東京横浜方面の光害がひどい中で、よくこれだけ写せました。デジタル技術の進歩だけでなく、丹羽さんのセンスも光ります。多くの方の初撮影はだいたい月で、星野だったとしてもアンドロメダ銀河とかオリオン大星雲なんですけど、いきなりM51とマルカリアンチェーンとは、なかなか渋いチョイスです。それも焦点距離650mmですから凄いです。V-specなのでノータッチ追尾だと思いますが、星像の流れもほとんど気になりませんし、ピントや画像処理も上出来で素晴らしい。わずかな星像の流れは赤経赤緯両方向の成分を含んでいるので、様々な要因が複合している可能性があります。でも650mmでこの程度なら大成功です。これだけの初作品にあえて注文をつけさせていただくなら、何か特別な意図がない限り、北を上にして撮影した方がいいでしょう。海外ではまったくこだわらない人も多いですが、 他の作品や星図と見比べるときに便利ですし、上手な人はだいたい北を上にしてます。これからも、SWAT-310V-specでお気軽に撮影を楽しんでください。次回作もぜひお送りください。お待ちしております。

2020年3月22日 (日)

深夜の森にバラが咲く。

東京都八王子市の関原謙介様より、「深夜の森にバラが咲く」をお送りいただきましたのでご紹介します。
 
Bara_20200322082901
●深夜の森にバラが咲く
2019年2月23日 Tamron SP 70-200mm f2.8 Di VC USD G2 焦点距離200mm 絞り開放 IDAS LPSD1フィルター ニコン D810A ISO3200 星画像90秒露出×25枚 総露出32.5分 SWAT-350V-specによるノータッチ追尾撮影 地上画像 90秒露出×2枚を比較暗合成 ステライメージ8、PixInsight、PhotoshopCS6でで画像処理 撮影地 静岡県西伊豆松崎町
 
■コメント
前回掲載いただいた「バラ星雲とその周辺」の後に、木立の向こうに沈んでいくバラ星雲を撮影したものです。星空はSWAT-350による追尾撮影、地上風景(木立)は固定撮影、(いわゆる)追尾・固定撮影による星空風景写真です。星画像は90秒露光32フレームをコンポジット、地上画像は2フレームを比較暗で作成したものをphotoshopで合成しました。合成した画像は2020年2月24日0時41分26秒の星空を基準にしたものです。このTamronレンズとSWATの組み合わせは、このような望遠レンズを用いた星景写真の撮影に打って付けと思います。この組み合わせで色々な対象を撮影したいと思っています。最後になりますが新型ウィルスによるこの異常な状況が早く収束することを願っています。
 
■係より
いつもご投稿いただきまして、ありがとうございます。今回は沈みゆくバラ星雲です。SWATで撮った星画像に固定撮影の木立を合成して、星景写真として仕上げました。赤道儀で追尾した場合、地上の木立が流れてしまいますが、最後に固定で撮影した地上部分を比較暗合成して、自然な感じに仕上げています。 なかなか雰囲気のあるの作品になりました。次回作もぜひお送りください。よろしくお願いします。

2020年3月 3日 (火)

バラ星雲とその周辺。

東京都八王子市の関原謙介様より、「バラ星雲とその周辺」をお送りいただきましたのでご紹介します。
 
Rosette_s
●バラ星雲とその周辺
2019年2月23日 Tamron SP 70-200mm f2.8 Di VC USD G2 焦点距離200mm 絞り開放 IDAS LPSD1フィルター ニコン D810A ISO3200 90秒×94枚 総露出135分 SWAT-350V-specによるノータッチ追尾撮影 PixInsightとPhotoshopCS6でで画像処理 撮影地 静岡県西伊豆松崎町
 
■コメント
タムロン SP70-200mm f2.8での初めての撮影です。200mm程度のレンズを入手したく、Red Cat51やFL55SSなどの天体望遠鏡も検討したのですが、結局「写真レンズ星空実写カタログ」で評価の高いこのレンズを購入しました。この撮影ではIDASのlpsd1フィルターを77mm→72mmのステップダウンリングを介して用いています。もう1時間ぐらいは露光をしたかったのですが、星雲は足早に西の空に沈んで行ってしまいました。SWAT-t350V-specのE-pecモードによる「放置撮影」を行いましたが、追尾不良により星の流れたコマは無く、取得した94枚の画像全てを用いることができました。ところで、2月23日は雲の全くない「終夜晴れ」の夜で、これは実に11ヶ月ぶりのことでした。
 
■係より
焦点距離200mmの画角でバラ星雲からクリスマスツリー星団付近に広がるHα散光星雲を構図いっぱいに捉えました。このレンズは開放でも最周辺まで充分にシャープですね。好条件の伊豆最南端付近でF2.8開放2時間15分露出ですから、相当に良質な元画像が得られるとはいえ、その後の画像処理も素晴らしく、淡い散光星雲が見事に浮かび上がって見えます。なんとも非の打ち所がない優れた作品になりました。いつもありがとうございます。またのご投稿、お待ちしております。

« 2020年2月 | トップページ | 2020年5月 »