« 月齢7.0。 | トップページ | 雪山に沈むオリオン座とバラ星雲。 »

2020年5月31日 (日)

横浜で撮影したM8干潟星雲。

神奈川県横浜市にお住まいの丹羽雅彦様より、横浜市街からナローバンドで捉えた「M8干潟星雲」をお送りいただきましたのでご紹介します。
 
M8
●M8 干潟星雲
2020年5月30日2時49分44秒~ ビクセン R130Sf反射  焦点距離 650mm/F5 富士フイルム X-T30 STC Astro Duo-Narrowband filter  自作コマコレクター (スマホ天体望遠鏡 mAmANDA UD*ecoの接眼レンズを利用) ISO6400 露出30秒×49枚コンポジット(総露出24分30秒) SWAT-310V-specノータッチ追尾 PixInsightにて画像処理 トリミング有り 撮影地 横浜市街
 
■コメント
前回の初撮影以降、どんどん撮っていこうと張り切っていたところに今回のコロナ騒動があり、ちょっともやもやしていましたが、皆さんベランダ撮影を楽しんでいらっしゃるのを見て、私もチャレンジしてみました。横浜の空は灰色で、ベランダからは空に木星、土星、アークトゥルス、スピカくらいしか見えませんでしたが、ファインダー越しに赤い星雲が写ってきたときは大感動でした。ベランダは南西向きのためドリフト法で極軸あわせをしました。ちょっと星が卵形になっているのは、次回の宿題にしようとおもっています。望遠鏡にフィルターをつけるのは難しいため、カメラに直接つけられるクリップオン型フィルターを見つけて使っています。コマコレクターもスマホ望遠鏡の対物レンズで自作してみました。また撮影を始めてから覚えたことをブログにまとめ始めました。お時間のあるときにでも訪問ください!
https://masahiko.me/
 
■係より
コロナ自粛もあって、作例コーナーも閑古鳥ですが、そんな中、貴重な作品をお送りいただき、ありがとうございます。今回は光害が激しい横浜市街からナローバンドで撮影したM8干潟星雲です。30分に満たない総露出にもかかわらず、星雲が自然な色調で描出されていて見応えがあります。横浜で撮ったとは思えないほどの出来ですね。画像処理も上等。650mmノータッチはV-specならではとった感じですが、追尾もほぼ問題ないようです。ドリフト方で設置したとのことですが、南北に若干流れてしまったのは方位の設置精度がやや甘かったか、SWAT-310に13cm反射は、モーメント荷重を考えるとややオーバーウェイトな感じなため、各部の撓みを疑ってみる必要があるかもしれません。ホームページはとてもよくまとまっていて参考になります。
このところ、天気が安定せず、このまま梅雨入りしそうですね。次は梅雨明けの安定した快晴を期待することにしましょう。よい作品が撮れましたら、ぜひまたお送りください。お待ちしております。

« 月齢7.0。 | トップページ | 雪山に沈むオリオン座とバラ星雲。 »

作例写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 月齢7.0。 | トップページ | 雪山に沈むオリオン座とバラ星雲。 »