« M45プレアデス星団。 | トップページ | SWAT-350V-spec Premium作例、M42オリオン大星雲。 »

2020年10月26日 (月)

ぎょしゃ座の星雲・星団。

神奈川県川崎市にお住まいの原田裕美様より、RedCat51による「ぎょしゃ座の星雲・星団」をお送りいただきましたのでご紹介します。
 
R
●ぎょしゃ座の星雲・星団
2020年10月21日3時21分~ RedCat51 口径51mm 焦点距離250mm F4.9 キヤノン EOS Ra 120秒露出×30枚コンポジット(総露出60分) SWAT-310ノータッチ追尾 撮影地 静岡県富士宮市西臼塚
 
■コメント
ご無沙汰しております。春から夏と本当に雨が多かったですね。ようやく秋晴れになった10月20、21日は、久しぶりにたっぷりと星撮りが出来ました。とても良い透明度に恵まれ、クリアーな画像が得られました。EOS Raを使い始めましたが、ノイズが大変少なくミラーのケラレもないため、この画像はダーク減算もフラット補正もしてありません。ものぐさな私にはありがたいカメラです。RedCat51も使い慣れてきて、コンスタントにシャープなピントが出せるようになってきました。このぎょしゃ座の領域は、適度な微恒星が均一に散らばっていて、星像を見るのに良いように思います。ピクセル等倍で中央と周囲を300ピクセルで切り取った画像も添付(下に掲載)しました。SWATは常に安定した追尾でシャープな星像を生かしてくれます。
 
■係より
ずっと天気が悪い状態が続いていましたが、待ちに待った新月期の晴れに多くの方が出かけたようです。原田さんは透明度のよい貴重な晴れを活かしてぎょしゃ座の中心部をねらいました。今回から赤い星雲が写るEOS Raに変わっていることもあって、ぎょしゃ座の散光星雲がとてもよく描出されています。右の大きな星雲が勾玉星雲、その左がIC410です。中央やや上のばらけた散開星団がM38、左がM36です。ぎょしゃ座のハイライトを一網打尽にした構図も申し分ありません。それにしてもRedCat51の星像はとてもシャープで気持ちよいですね。SWAT-310ともベストな組み合わせで、使いやすいと思います。このセットでぜひ冬の星雲も狙ってみてください。ご投稿ありがとうございました。次回作もお待ちしています。
 
Magatamatoubai300
EOS Raで撮ったRedCat51のピクセル等倍画像。中心部はもちろん、周辺や四隅の星像もなかなかのものですね。

« M45プレアデス星団。 | トップページ | SWAT-350V-spec Premium作例、M42オリオン大星雲。 »

作例写真」カテゴリの記事